自分の人生、幾らくらいだと思いますか?感動する2chトピ!『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で』

  by 琥珀ちずる  Tags :  

“「自分の人生には、何円くらいの価値があるか?」

そんな質問をされたことがあったな。

確か、小学四年生の道徳の授業だったか。”

 

2013年5月7日。2ch上に突如出現した、

”寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で”

というトピックス。上のフレーズは、その冒頭部分である。

 

”自分の人生は、果たして幾らくらいか”

 

この哲学的なテーマで投稿したのは、”げんふうけい”という人物。

(書籍には、三秋縋<ミアキスガル>となっている)

まとめなどで話題となり、後にこれを”三日間の奇跡”として書籍化している。

 

冒頭のフレーズは、後にこう続いている。

 

”大半の生徒は、きょろきょろ周りを見ながら、

最終的には、数千万から数億という結論を出してさ、

「お金では買えない」って考えを譲らない生徒も居たね”

 

”大人に聞いても、似たような答えが返ってくるだろうな。

少なくとも俺は、実際に寿命を売る前その日までは、

自分の人生は二、三億くらいの価値があると思ってた。”

 

物語は、主人公が古書店の爺さんから、寿命を売る話を持ちかけられるところから始まる。

その男には金がなく、残りの人生を売った金で生活しようと考える。

しかし、自分の人生は査定で三十万円にしかならず、残りの三ヶ月を残し全てを売却。

その日から、男プラス女性監視役のミヤギという2人の不思議な共同生活が始まった。

 

話の内容からは、最初は人生を投げやりに過ごしていた男が、

ミヤギとのかかわりを経て、徐々に明るく前向きになる様が描かれている。

”人生の対価”とは、本来は無くて当然であり、想像するにもあいまいなモノである。

私たちは、しばしば思い込みと言う勝手極まりない解釈の基で、モノを見ているのだ。

この物語は、自分に生きる価値なんてない。

そう感じている人に是非読んで欲しい。 こんな風にはならなくとも、

自分と向き合うキッカケになるだろうし、

案外、この世も捨てたものじゃないと思えるかもしれない。

少なくとも、私はこれを読んでそう思えたのだ。

素人文筆家。退職して、ニート中です。 更新停滞中。ブログやめてます。

Twitter: 80_chizuchizu