初期地球の生命誕生は、蛇紋岩を中心とする温泉環境だった?

  by なみたかし  Tags :  


 石油はどこでどうしてできるのだろう?もちろん、生物の死骸をつくる地中に堆積し、有機物が長い年月をかけて分解してできる「生物起源説(有機的成因論)」が一般的である。だが他にも説がある。

 地中の微生物の活動により合成されるとする「生物合成説」や、地中で無機的な反応により合成されるとする「無機的合成説」や、隕石中に炭化水素が含まれていることから、地球創生期に存在していたものがマントルに残っているとする「マントル起源説」もある。

今回、「無機的合成説」を支持する研究成果が発表された。東京工業大学(東工大)は1月22日、長野県白馬地域の温泉水が、無機的に合成されたメタンガスを含むことを突き止めたと発表した。この成果は「地球初期の生命誕生のメカニズムを解き明かすことにつながる」ものとしている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 Wikipedia:フィッシャー・トロプシュ法 マイナビニュース:初期地球の生命誕生は蛇紋岩を中心とする温泉環境だった?
 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami