第47回ノーベル化学賞 ロバート・ロビンソン「アルカロイドの研究」

  by なみたかし  Tags :  


 1947年のノーベル化学賞はイギリスの科学者ロバート・ロビンソンに贈られた。受賞理由は「アルカロイド」の研究である。
 「アルカロイド」とは何だろうか?アルカロイド (Alkaloid) は窒素原子を含み、ほとんどの場合塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称である。炭素、水素、窒素に加えて、アルカロイドには酸素や硫黄、その他稀に塩素、臭素、リンといった元素を含む。
 現在、「アルカロイド」には近似種を含め約数千種があるといわれている。その元祖と言われているのは、ドイツの薬剤師ゼルチュネルが1804年(1805年という記述もある)にアヘンから分離抽出したモルフィン、つまり「モルヒネ」であるとされている。多くのアルカロイドはモルヒネのように薬理作用もあるが、他の生物に対して有毒である。
 ロバート・ロビンソンが最初にあげた成果は、1917年に発表された「トロピノン」の全合成の報告であった。「トロピノン」(Tropinone)は、第一次世界大戦の際に毒ガス治療薬として不足した「アトロピン」の前駆体として有名な「アルカロイド」である。トロピノン、コカイン及びアトロピンは、全て同じトロパン骨格を持っている。
続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 ノーベル賞受賞者業績辞典(日外アソシエーツ) Wikipedia: ロバート・ロビンソン アルカロイド ストリキニーネ モルヒネ

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami