アイソン彗星近日点を前に消滅か?劇的な最後を迎えた彗星の記憶

  by なみたかし  Tags :  


 太陽に近づいたアイソン彗星(C/2012 S1)が、12月初旬の再出現を前に消滅したかもしれない。

 NASAは11月28日、彗星の運命はまだ確認されていないが、太陽最接近の旅を生き延びることはできなかったようだと発表した。SDO担当の科学者は、「SDOではISONが見えなくなった。したがって、近日点に達する前に崩壊し、蒸発したと考えざるをえない」と述べている。

 アイソン彗星は日本時間29日午前4時すぎに、半径約70万キロメートルの太陽の表面から120万キロメートルの地点(近日点)を通過すると予想された。しかし、あまりに太陽に近いため、太陽からの熱や重力で、彗星本体が分裂・崩壊する可能性が指摘されていた。(National Geographic News November 29, 2013)

 ところが、翌日米航空宇宙局(NASA)は、「一部が残っているかもしれない」と発表した。彗星消滅の報を受けて、特集番組のタイトルを急きょ変更したNHKは、いまだ定まらぬ彗星の動向にやきもき。番組担当者は「継続して取材中です…」と、宇宙の神秘に当惑気味の様子だ。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami