巨大天体“ヒミコ”の正体は、宇宙最初の銀河の形成過程だった!

  by なみたかし  Tags :  


 2009年4月、多数の望遠鏡を使った観測により、ビッグバンから約8億年後の生まれて間もない宇宙で、不思議な巨大天体が発見された。

 これは、「ヒミコ」と名付けられた。ライマンアルファ・ブローブという天体に分類され、その巨大なガス雲は将来銀河になる可能性を秘めているが、本当はどうなのか分かっていなかった。

 ライマンアルファ・ブローブ(Lyman-alpha Blob:LAB)とは、強い光を放つ巨大なガス天体。LABは天の川銀河の数倍に達する場合も多く、既知の天体としては宇宙最大級のものである。

 今回、すばる望遠鏡(ハワイ島)で4年前に発見された宇宙誕生初期の“謎”の巨大天体「ヒミコ」は、一直線に並んだ3つの星団を巨大な水素ガス雲が包み込んでいる構造をしていることが分かった。3星団は合体してさらに大きな天体を形作ろうとしているところで、銀河が作られる最初の過程だと見られている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
アルマ望遠鏡:宇宙初期の巨大天体ヒミコの正体

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami