世界初!モンゴルで草食恐竜「テリジノサウルス」の営巣地発見!

  by なみたかし  Tags :  


 遠くて近い国モンゴル共和国
 モンゴルというと、13世紀大発展を遂げたチンギス・ハンから始まる、モンゴル帝国と、白鵬や朝青龍、日馬富士などの外国人力士を思い出す。モンゴルにはモンゴル相撲があり、また、日本の相撲のテレビ放送が人気で親日家も多い。力士を志している人も増えているという。

 日本とモンゴルの関係は、戦前に遡る。当時の日本は大陸に進出、仮想敵である旧ソ連邦に対して、満州国と並んで内蒙は、国境線を有する重要な最前線。「満蒙は日本の生命線」という言葉も唱えられた…。そして現在のモンゴル(当時の外蒙)は、旧ソ連邦により、世界第二番目の共産主義国家となった。
 戦後、日本とモンゴルは、冷戦下で、米ソという異なる陣営に属した関係上、疎遠が続いたが、社会主義体制の崩壊以降、再び、文化面を中心に国交が再び活発化する。

 近年、モンゴルのゴビ砂漠では、恐竜の化石が発見され、1920年代のアンドリュース調査隊以降、さまざまな国の調査隊がゴビ砂漠で化石の発掘を行っている。日本からも、林原自然科学博物館が1993年以降、モンゴルと共同で20年にわたり調査を行ってきた。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami