紛失中のくまモンのほっぺ 目撃情報ツイッター上に相次ぐ!

  by 向井隆昭  Tags :  

ことわざ検定のこと犬くんも自身のほっぺに、くまモンのほっぺと思しき赤い丸を発見!

天皇皇后両陛下との微笑ましいご対面も束の間、今度は、ほっぺを紛失したことが明らかになったくまモン。紛失騒動では、熊本県知事も緊急記者会見を開くほどの事態となり、ネットやテレビなどメディアを賑わしている。

くまモンと同じくご当地キャラである岩手県のゆるキャラ「わんこ兄弟」のほっぺに赤い丸が付いているのを発見した岩手県広聴広報課が「もしかしてこれかモン?」とツイート。早速の有力な目撃情報により、これを以て紛失事件も一件落着かと思われたが、ツイッターをよくよく検索してみると、この他にも目撃情報が多数あることがわかった。

岩手県の広報課自ら、目撃情報を寄せる当り、信憑性がかなり高いと考えられる。

家電大手SHARPの公式アカウントは、自社のイチオシ機能である「プラズマクラスター」のロゴに赤い丸が入っていることを報告。数が一つしかないのが気になるが、黒地に赤い丸はくまモンのほっぺを連想させるのに充分だ。

たしかに赤い丸だが、数が足りない。

パインアメで有名なパイン株式会社は、自社製品である「ふじりんご3つ」がほっぺではないかと、情報を寄せている。しかし、これに関してはサイズや色、加えて袋に入っている状態から、ほっぺだとは考えにくい。「くまモンのほっぺ、実はアメでできていたんです」なんていうのは、微笑ましいエピソードにはなるが、果たして。

これがほっぺであれば、夏場のくまモンのほっぺはかなりベタつくに違いない。

熊本のお隣、佐賀県にあるタワーレコード佐賀店の床にほっぺと思しき、赤い丸が落ちているといった目撃情報。形と言い大きさと言いこちらはかなり信憑性が高い。くまモンがタワーレコードまでCDを買いに行った際、床に落としたということも考えられる。

タイルカーペットが山のように見え、赤い丸がそこから昇る太陽のようにも感じられる。が、しかし数が足りない。

目撃情報以外にも、くまモンのほっぺをとりまく発言は多数あるようだ。

原発ゼロを目指すゆるキャラ・ゼロノミクマからは「ぼくがあずかってるクマ!」と、誘拐をほのめかすような発言。同じ熊のキャラクターであることから、嫉妬絡みの犯行とも捉えられる。もし、本当にあずかっているだけなのであれば、早急にくまモンの元に返してあげてほしい。

同じクマのキャラクターとして、宣戦布告か!?

栃木県のマスコットキャラクターであるとちまるくんの頬には、くまモンのほっぺと同じように赤い丸がついているが、紛失事件への関与は完全に否定。同じご当地キャラとして、共に捜索に当たることを明言している。くまモンとの面識もあるため、疑われる前に潔白を印象付けようという考えなのだろうか。同じご当地キャラであるだけに、妬みと言った動機も考えられる。この早い段階での完全否定も、逆に怪しいと言えば怪しい。

潔白を訴えるが、その素早い対応が逆に怪しく感じられなくもない。

馬場のぼる氏の絵本「11ぴきのねこ」の町としてPR中の青森県三戸町公式ツイッターにいたっては、くまモンのほっぺ紛失に触れてはいるものの、「11ぴきのねこ」のキャラクターが入院するという、本件に全く関係のない報告を行っている。

だから何なんだ!と言われてもおかしくない報告だが、これから入院というのにこの笑顔。キャラクター業の厳しさがうかがえ、哀愁さえ感じられる。

この他にも、企業のキャラクターや一般の方まで、多くの目撃情報がツイートされている。

それぞれの目撃情報がどれだけ信憑性の高いものなのか、また熊本県がどれだけ情報を収集、1つ1つの内容を調査しているかは不明だが、これほどの目撃情報が寄せられるのも、今日本で一番愛されているご当地キャラくまモンだからこそと言えるだろう。

ほっぺ紛失騒動はこの後どのような結末を迎えるのか、温かな気持ちで見守っていきたい。

幼馴染と組んだ4人組のロックバンドSPLAYでポニーキャニオンからメジャーデビュー。 解散後は作詞作曲をこなす音楽プロデューサーに。 作詞する中で気がついた『ことわざ』の魅力に取りつかれ「ことわざをもっと学んだり、使う機会を作りたい!」という想いを胸に、日本に唯一のことわざに特化した検定試験「ことわざ検定」を起ち上げる。 2013年4月より「財団法人ことわざ能力検定協会」となり、より学校教育や生涯学習に役立つ検定試験となるべく、年に2回の実施をベースに日本中でことわざを次の世代に繋ぐための活動に勤しんでいる。

ウェブサイト: http://www.kotowaza-kentei.jp/index.html

Twitter: kotowaza_kentei

Facebook: kotoken