昆虫型小型ロボットで部屋を掃除? エレクトロラックスの未来家電コンテストの8作品は実現できるのか?

  by 動画解放軍  Tags :  

大量の昆虫型ロボットが部屋中を掃除する『Mab』

ステーションに収納されたロボットが部屋中を飛び回り、床や壁などの表面を拭き取るロボットです。 ロボットは完全に自律制御され、部屋の壁や天井、床を自動認識されます。 実現されれれば『ルンバ』より広範囲は掃除が可能ですが、実用化は遠いと思います。 イメージとしては映画『マイノリティ・リポート』で出てきた犯人捜査用のクモ型ロボットに近いです。

食品を分析するコンピュータ『Nutrima』

キッチン用コンピュータ『Kichen Hub』

キッチン用ホログラム投影機『Global Chef』

子どもが絵を見せるとその絵がお菓子になる『Atomium』

ネックレス型空気清浄機『OZ-1』

呼吸する壁『Breathing Wall』

どこかで見たことがある? 自動掃除機の『3F』

他の家電メーカーのコンテストと違って、夢があるデザインだと思います。 一部の現実的なデザインも決してつまらないものではなく、実現したらワクワクすると感じました。 全てのデザインコンセプトは『エレクトロラックス』のコンテストサイトから動画へのリンクがあります。 動画で全てが紹介されているので分かりやすいです。

 

Electrolux Design Lab(8作品へのリンクあり)
http://electroluxdesignlab.com/en/

 

画像はelectroluxdesignlab.com 及びYouTubeから

普段は動画を使ってガジェットや食品のレビューを行なっています。 人が思いつかない切り口でレビューや紹介を行なっています。 ネタ探しのために自己資金を使って出張取材も最近は多いです。

ウェブサイト: http://www.jihei.org/ http://review.jihei.org/ https://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A17VQ6SVCFYKUP http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/jihei

Twitter: jihei