アルツハイマー型認知症、原因タンパク質“タウ”の生体可視化に成功!

  by なみたかし  Tags :  


 厚生労働省 研究班の調査によると、国内の認知症患者は2012年の時点で約462万人にのぼることが判明している。このうち、約半数はアルツハイマー病患者であると考えられている。アルツハイマー病患者数はこの数年でも急増しているが、人口の高齢化が進むにつれて、今後ますます増加すると予想される。

 アルツハイマー病患者の脳内にはアミロイドベータβと、タウと呼ばれるタンパク質が蓄積し、これに伴って神経細胞が死んで脱落することから脳が萎縮し、物忘れなどの症状が発現してくる。こうした異常タンパク質蓄積は、存命している状態で検出することは難しく、これまで患者が亡くなってから脳を解剖して調べていた。

 今回、アルツハイマー病などの認知症の原因となる脳内のタンパク質の蓄積の様子を、生体状態のまま画像化することに放射線医学総合研究所などが成功した。

参考 サイエンスポータル:認知症原因タンパク質の可視化に成功 メンタルナビ:認知症とはどんな病気? 
続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami