ベネズエラの油田は化石の宝庫?

  by なみたかし  Tags :  


 オリノコ川(Río Orinoco)は、南アメリカ大陸で第三の大河である。長さはおよそ2,060kmで、流域面積はおよそ92万km2ある。

 ベネズエラ南部のブラジル国境に近いパリマ山地に源を発し、トリニダード島南部で大きな三角州をつくり大西洋に注ぐ。河川の約5分の4はベネズエラ領で、残りの5分の1はコロンビア領に属する。

 ベネズエラは複雑な地質学的構造を備えており、オリノコ川流域のオリノコ・ベルトに産出する超重質油は埋蔵量がサウジアラビアに匹敵し、ベネズエラ経済を支える重要な資源である。石油を含む地下の油層には、たくさんの太古の生物が化石となって「泳いで」いる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami