二十年に一度の神事 伊勢神宮 第六十二回式年遷宮

  by 松沢直樹  Tags :  

日本人にとって、寺社への参拝は、宗教儀式だけではなく、生活に則した特別な意味合いを持っている。江戸時代までは、一般庶民の長距離旅行が許されていなかったが、神社仏閣の参拝は特別に認められていた。その中でも、富士講(地域社会で旅行積立を行い、霊峰とされた富士山へ参拝すること)と、伊勢神宮への参拝旅行は別格とされていた。

そのような歴史もあり、伊勢神宮は、今でも多くの参詣者が訪れる。特に今年は、20年に一度の式年遷宮(しきねんせんぐう)の年ということもあり、多くの参詣者でにぎわっている。

筆者は、名古屋から近鉄で伊勢へ向かった。近鉄名古屋駅に乗り変えたとたん、見つけたのが東京大神宮が奉納したこの看板。

近鉄で名古屋から約1時間弱。近鉄伊勢市駅でも、式年遷宮を祝うのぼりが立っていた。

酒造会社が奉納したもの。単に広告とは言い切れない信仰心と、独特の雰囲気を感じる。

正確な説明を加えると、伊勢神宮は、正式には「神宮(じんぐう)」と呼ばれており、豊受大神宮(とようけだいじんぐう 外宮=げくう)と、皇大神宮(こうたいじんぐう、 内宮=ないくう)と125の神社の総称である。

外宮はJR伊勢市から歩いて5分ほどの場所にあるが、内宮は4キロほど離れた場所にある。したがって、伊勢神宮全体を1日で全て参拝するのは、広すぎてなかなか大変だ。

伝統的に、外宮から参拝して、内宮を参拝するのがならわしになっているそうだ。時間に余裕がなければ外宮だけを参拝し、宿泊が可能なら1日目に外宮を参拝し、翌日に内宮を参拝すると良いかもしれない。
駅を抜けて、外宮に向かう参道にて。

 

 

●式年遷宮(しきねんせんぐう)とはなにか

神道では、清浄と自然のものを神に捧げるを基本的な考えとして、日々の生活のことを神事とした祀りが毎日行われる。特に、伊勢神宮の外宮では御餞(みけ・食事をさす言葉)の神である豊受大神(とようけのおおかみ)に捧げる祭祀が、厳格に執り行われている。

日々の食事を捧げる「日別朝夕大御餞祭」(ひごとあさゆうおおみけさい)では、清浄な食材を捧げることはもちろん、調理に使う火も、ガスや石油は使わず、御火錐具(みひきりぐ)という神具で、摩擦熱を利用して起こされる徹底ぶりだ。

日常にまつわる祭祀や、農耕などの季節にまつわる祭祀は、年間で実に1500回を越えるとされている。それらの祭祀の中でももっとも大きな祭祀の一つが20年に一度行われる式年遷宮(しきねんせんぐう)だ。神を祀る社を全て建て替え、奉納する神宝714種1576点をすべて新しく作り替えて奉納する極めて大掛かりなもの。

社に使う建材も、木の切り出したから製材に至るまで、厳格な神事にもとづいておこなわれる厳格を保っている。

式年遷宮は、690年に持統天皇が行った後、現在まで62回続いている伝統儀式であり、元号が平成に変わってからは2回目となる。

残念ながら、奉納される神宝の撮影は許可されなかったが、外宮にある「せんぐう館」では、一部が展示されているので、ぜひ見学されるのをお勧めしたい。1200年以上もこれだけの工芸技術が受け継がれていることや、奉納される神宝の美術性の高さは、多くの人が驚嘆するのではないだろうか。
奉納される神宝の一部が展示されている「せんぐう館」 式年遷宮についての説明資料も展示されている(入館料 大人300円 外の休憩スペースは無料で使用可)

 

 

 

 

本殿はとにかく人、人、人。

写真で見るとさほどでもないようだが、鳥居をくぐると、塀で仕切られた広い空間が横に広がっていて、どこからも広大な社殿全体を見渡せるようになっている。人の多さに驚くが、めいめいが祈りを捧げる姿は、とても荘厳な雰囲気だ。残念ながら撮影禁止となっているため、本記事では紹介できないが、機会があったらぜひ自分の目で確かめてほしい。

社の屋根は萱葺き。苔むして独特な趣だが、このままでは建物自体が傷んでしまう。そのため、技術継承もかねて、20年に一度、社を建て替えるようになったのだろう。社殿の隣には、遷宮予定の社の建設が進んでいた。

神の住まいと言うにふさわしい広大な敷地に、社がたたずんでいる様は、とても美しい。隣に建つ社と対比すると、なんとも不思議な気分になるが、どちらも荘厳な雰囲気で気持ちが洗われる。

夕刻や早朝の参拝可能な時間は決まっているので注意。また、遷宮が実施される日は、参拝ができなくなるので併せて注意したい。

内宮 10月2日(水)午後1時より終日
外宮 10月5日(土)午後1時より終日

9月13日(金)以降、遷宮諸祭並びに遷御の準備等により随時規制される場合がある。詳しくは、伊勢神宮ホームページなどで確認されたい。

 

参拝記念の土産物

伊勢といえば、赤福が有名だ。もちろんお土産に最適だと思う。また、他に伊勢ならではの菓子や特産品もたくさんあるから、その中から見繕うのもいいだろう。

筆者個人が、参拝記念に勧めたいのはこの干菓子。

神餞(みけ)と書かれた干菓子(ひがし 落雁のような菓子)

神にささげる食事という意味だが、菊の形をした上品な甘さで、なんとも御利益のありそうな趣のある菓子。外宮の社務所で入手できる。3つ入りで初穂料は300円なので、いかがだろうか。

何かと世知辛い話が続く時代だ。神頼みというわけではないが、旅の中で神に祈り、気持ちを洗って日々の生活に戻るのは、けして悪いことではないだろう。

 

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa