驚異の動物たち!“青色視覚”を進化させたクロマグロ

  by なみたかし  Tags :  


 動物の中には人から見ると驚異の能力を持っているものが多い。例えばイルカやクジラ、コウモリは我々には聞くことのできない、超音波を発する動物だ。超音波がぶつかり、はね返った音を聞くことで、まわりの様子を探知することができる。

 嗅覚がよいのはイヌだ。嗅覚細胞の数は人間が500万、猫は1900万、犬は2億もある。視力がよいのは、猛禽類のワシ・タカである。黄斑部(良く見えるところ)の錐体細胞数(視細胞)はヒト20万、タカ160万で単純に計算して8倍の視力と言われている。実際にモンゴルの鷹匠のタカは1.5km放れたネズミを認識するという。

 海の中では、マグロも目のいい動物だ。今回、太平洋を泳ぎ回るクロマグロが、青っぽい海中にいる魚などの餌を見つけやすいように、青色の視覚を特別に進化させてきたことが、クロマグロのゲノム(全遺伝情報)を解析した水産総合研究センターや東京大学、国立遺伝学研究所などの共同研究で分かった。


参考 Wikipedia クロマグロ
続きはこちら → 
http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami