【東アジア杯・韓国戦をもう少し振り返る】栗原と駒野のコントラスト、再び代表に呼ばれそうなのは誰だ。

  by 綾瀬 新  Tags :  

 今回は【東アジア杯優勝決定試合を振り返る】で収めなかった諸々について。トピックスは「栗原の意地と駒野の受難」「あまり目立てなかった山口」「守備に忙殺された原口」「継続的に代表招集がありそうなのは誰」です。

 中国戦の後、「誰がリーダーなのかが見えにくいのが気になります」と記した守備陣ですが、栗原は意地を見せていたと思います。後半の苦しい時間帯、頭と足で何度となく撥ね返していました。しかし、主将の駒野は苦しみ続けた感があります。変化を付けたFKからシュートを狙ったシーンは象徴的。壁に跳ね返ってしまい、カウンターを食らうハメに。ただ、帰国後は素晴らしいシュートを叩き込みました。東アジア杯は良い経験になったはずです。

 遠藤保仁と長谷部誠を脅かせる選手は誰なのか。候補に挙がった青山と山口はあまり目立てませんでした。最終ラインから一気にサイドに展開する韓国の戦い方は、前に飛び出してからのボール奪取力をアピールする機会を与えず。時折アグレッシブなプレーを披露した山口ですが、ミドルを決めたユン・イルロクはワンツーからの狙いが明らかでした。あそこでもう少し詰めていれば…。気持ち良くシュートを打たせると痛い目に遭います。

 ウイングの工藤と原口は守備に忙殺されるばかり。彼らの頑張りがもう少し功を奏していれば、良い形でのシュートカウンターを繰り出せていれば…と思います。フル出場を果たした原口は、まだ精神面で成熟していないかもしれませんが、何度となくドリブルで仕掛けていました。決勝点のシーンではシュートまで持ち込み、柿谷のゴールをお膳立て。次のチャンスがいつ訪れるかは分かりませんが、得点という結果にこだわって欲しいです。

 「選手たちの出来が良かったのは個人的にも非常にうれしいことであり、このメンバーからすぐに代表に呼ばれる選手もいるだろうし、将来的に代表に入る選手もいると思う」

 ザッケローニ監督が中国戦後の記者会見で述べた言葉です。すぐに代表に呼ばれそうなのは3ゴールを決めた柿谷でしょう。おそらくベストメンバーの代表でも、相手に押し込まれながらも、裏のスペース攻略を目指す展開があるはず。遠藤ら主力組との絡みを考えると、また呼んで欲しいです。補強すべきポジションの言及は無かったものの、競争力を高めるという意味では、森重、山口、豊田陽平は継続的な招集の可能性があると睨んでいます。

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/