次世代太陽電池システム“有機系太陽電池”の実証試験がスタート!

  by なみたかし  Tags :  


 太陽電池にはどのようなものがあるだろうか?

 現在使われている太陽電池は、原料としてシリコンなどの無機物を利用したものが多い。そのため、製造行程である程度高い温度にしてやる必要が生じたり、真空装置を使う必要が生じたりする。これが太陽電池のコストを高くしている。常温・常圧で製造できれば、その分コストダウンが可能になる。

 これを目指しているのが、有機系太陽電池である。これには色素増感太陽電池と有機薄膜太陽電池がある。一般に、結晶シリコン太陽電池では、照度が低くなる(曇天や朝夕など)につれ、光電変換効率が大幅に低くなるが、有機系太陽電池は、照度が低くなっても光電変換効率は下がりにくいという特徴がある。

 色素増感太陽電池とは、光エネルギーの吸収作用を有する色素と酸化チタン光電極などを組み合わせた太陽電池である。有機薄膜太陽電池とは、導電性ポリマーやフラーレンなどを組み合わせた有機薄膜半導体を用いる太陽電池を指す。

参考 産総研:太陽電池の種類
続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami