カジノ!

  by Miun Hsyun Kelly  Tags :  


 日本にも、公営カジノが早くできて欲しい。経済的なものはもちろん、効果はそれだけにとどまらないと思うから。
 東京お台場にできた、カジノビーナス。これは、海外で行われているカジノゲームが模擬体験できる、 アミューズメントカジノ。日本もやっとここまできたのかなあという気がしたが・・・あくまでも、”疑似体験型”。やはり、本格的な大型カジノ施設が欲しいところだ。まっさらな砂漠地帯だったラスベガスも、カジノであれだけ巨大な街へと発展した。この街の変貌を、指をくわえて見るような思いさえする。カネは金を呼ぶ。カジノはやはり金のタマゴをザクザク産む黄金のニワトリであるようだ。
 もちろん、カジノを訪れる客が落としていくものも、相当なものであろうが。大型カジノ施設ができれば、当然様々な雇用も生まれる。カジノのデイーラー、そのデイーラーを養成するスクール。思う存分カジノを楽しんでもらえるようホテルを建設すれば、その従業員や、ホテル内のレストランで働くスタッフも必要だ。何らかの交通機関も新たに増えるかもしれない。海外からの観光客も、増加することが期待できる。今までとは違う日本の魅力を見てもらうことにもなるはずだ。
 カジノの客というのは無論、大人である。どうだろう。日本には、大人が本気で遊べる遊び場がいまだないのではないか。これは、”先進国”といわれている国としては、いかがだろう?成熟しているはず国に、大人の社交場がない・・・これはひょっとして残念なことのでは?日本がもっと大人の社会になり、どこの国から見てもより”大人な”国であるためには、公営カジノのような場が必要なのではないか?
長寿会になった日本。世の中の酸いも甘いも知った大人世代の交流の場としても、カジノが果たしてくれる役割は大きいはず。公営カジノで、日本を”世界の大人の社交場”に発展させてみてはいかだがろうか。

思い込んだら徹底的にやらずにいられない性格。香港が気になって以来、広東語を勉強中。塾、予備校で英語を中心に教えているので、英語の訓練も欠かさない。 毎日のヨガエクササイズで、心身の健康維持に努めている。 幼い頃からオルガンやエレクトーンを、大人になってからはピアノを習っているので、絶対音感あり。好きなことは、アジア方面への旅行。まだまだ開拓していない国があり、時間があるときは、いつも旅の計画を練っている。小柄な体に似合わない、よくとおる声が自身の魅力のひとつだと自負。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/tiger-28aqua-whte24

Facebook: alimeg2484