ハローワークで忍者の求人!?伊賀上野観光協会

  by 中将タカノリ  Tags :  

「ハローワークで忍者の求人が!?」

『Twitter』などインターネット上で評判になっているのはハローワークに掲載されている伊賀上野観光協会の求人記事。

記事からは忍者の衣装を着用した仕事であること、時給900円であること、フルタイム勤務であること、各種保険付きであることなどがわかるが、伊賀上野観光協会は具体的にどんな仕事をしてもらうために、どんな人材を求めているのだろうか?今回の求人を企画している森本さんにインタビューしてみた。

筆者:今回の求人はいつからどんな意図ではじめられたのですか?

森本:平成12年度から行政の緊急雇用創出事業の一環として断続的におこなっているんです。不況や過疎による雇用の冷え込み対策ですね。

筆者:仕事内容の説明に「勤務は忍者衣装着用が基本」という記述がありましたが、具体的にはどんなお仕事をするのでしょうか?

森本:忍者のコスチュームを着て物産イベントや高速のサービスエリアでPRしたりパンフレットを配っていただくんです。あと、本格的な手裏剣体験の説明員などのお仕事もあります。

筆者:伊賀上野らしいの観光産業の盛り上げ役と言ったところですね。この求人が始まってから「本物の忍者になりたい!」とか勘違いして来られる方とかはいらっしゃいませんでしたか?

森本:う~ん……ステージのパフォーマーと勘違いして来られる方はいましたが……すいません、おもしろいお答えができなくて。

筆者:いえいえ、とんでもないです!面接ではどんなことを重視されておられますか?

森本:明るくコミュニケーション能力の高い方を優遇させていただきたいと思っています。

筆者:今のところ採用枠はどれくらい残っているのでしょうか?

森本:5人中4人が決定しております。基本的に伊賀上野の近辺に住んでいる方に向けた求人ですが、みなさまからの質問やお問い合わせお待ちしております。

 

伊賀上野観光協会は本物の忍者を募集しているわけではないが、仕事内容は十分に忍者ファンにとって満足できるもののようだ。これはという方は移住も視野に入れて検討されてみてはいかがだろうか。

 

※画像は『伊賀上野観光協会』ホームページ、『ハローワーク』ホームページから引用いたしました。

伊賀上野観光協会 http://www.igaueno.net/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo