「謎解きはディナーのあとで」映画完成 東京で試写会

  by 小山恵斗  Tags :  

 

この謎解き~は、2011年にフジテレビ系列の連続ドラマとしてスタートした。宝生家のお嬢様でありながら身分を隠して刑事になる麗子を北川景子、超毒舌の執事影山を櫻井翔、天然で目立ちたがり屋の御曹司刑部風祭を椎名桔平が演じている。主要登場人物はこの3人。とにかく影山と麗子のやりとり、そして風祭警部の突拍子もない行動やセリフ、麗子と風祭警部のやり取りがとても面白かった。このドラマの原作はご存知の通りベストセラーになった小説である。それによると影山は身長が高くニヒルな感じのようで、最初は櫻井翔では合わないのではないかという声もあった。ところが始まってみればとても面白いドラマになったと思う。

 

私はこのドラマをリアルタイムで見ていた。初回から毒舌全開な影山と、世間知らずのお嬢様刑事麗子。このドラマの面白いところはまず、それぞれのキャラクターのポンポンとテンポがいいセリフのやり取りだ。そして影山の毒舌。有名どころと言えば顔をカメラに近づけて「お嬢様、~なんて、お嬢様の目は節穴でございますか?」とか、「お嬢様はアホでございますか?」等だろうか。すっごい丁寧な口調で真顔でさらりとすごいことを言うのだ。さらに、よく麗子の口から出てくる「クビよ!クビクビ!」というクビの連呼。その時は必ずクビという字の塊が影山に向かって飛んでいく。そしてそれをいろいろな方法で影山が避けるのだ。このドラマの面白さに、CGも大きな役割を果たしている。

 

そしてもう一つ面白かったのが影山の変装である。おふざけ一歩手前の服装や行動(段ボール箱に入り、穴から目だけを出して麗子を見ている等)を大真面目な表情でやっている。しかも、どんな変装をしても、メガネと蝶ネクタイだけは絶対はずさないのだ。そこにも影山らしさが出ている。そして毎日必ずあるティータイムも面白かった。どんな時でも決まった時間になると急に休憩するのだ。

 

さらに面白いところとして、突如出てくる事件現場の再現だ。いきなり事件現場が出現し、ピタッと時間が止まったようになる。その再現を使って話をしたり検証したりする。しかしこの時点では影山はその現場に行っていない。そう考えると影山はすごいということになるのだ。このドラマで、影山はなんでもあり、なんでもできるというイメージが私の中にできてしまった(笑)

 

このドラマの後、スペシャルも作られた。舞台は沖縄と香港。なぜこの二つかというと、麗子と影山が別々の場所に行くからだ。そしてそれぞれの場所で事件が起こる。このスペシャルでは今までなかった影山の恋愛も描かれた。別々の場所で起きた事件がだんだん絡み合ってくるのも見どころの一つだ。

 

このスペシャルの後、今回の映画である。シンガポールに向かう途中の豪華客船で連続殺人事件が起こる。容疑者は乗員乗客3000人。その中から犯人を捜さなければならない。果たして麗子、風祭警部、そして影山は犯人を見つけることができるのか。今回の映画はとにかく豪華である。まず舞台の豪華客船。本当にものすごく大きい船が使われた。そして出演陣もかなり豪華だ。試写会での感想によると、テンポがよく、スリルもあってコナン等を見ているような感じで面白かった、といったものが多かった。私もすごく楽しみである。

 

そして映画公開の前日は、風祭警部を主役にしたスペシャルや、影山を主役にしたミニドラマが放送される。スペシャルは映画へと続くストーリ―になっているので、そちらも楽しみにしたいと思っている。

私はパソコンで文章を書くのが大好きです。特に物語を書くのが好きです。本を読むのも好きだし、調べものも好きです。得意分野以外のものでも、いろいろ調べたりして書くことができます。得意分野は、音楽、映画、歴史、また子供がいるので妊娠、出産、育児などです。これから得意分野を増やしていきたいです。よろしくお願いいたします。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/kei-mari-oyama/

Twitter: mariyuria