10月11日、国際ガールズデー ~International day of the girl child~

英語に直しても、International day of the girl child、うん聞き覚えがない。

しかし、それもそのはず。

この国際ガールズデーなるものは去年に国連が制定し、その記念日的な要素を迎えるのが今年初めてだからである。

国連的には、ジェンダーなどの問題について考える機会になって欲しいとされて制定した国際ガールズデー。

そして過去の(一部では現在も?)行われている児童婚の撲滅を目指し、制定されています。

女性の社会参加や、女性だけの特別サービス、男女平等とも言われても公然と存在する性差(単純に力が強い、弱いなども含め、差別的意味合いでなく)、女性の中の問題もそうだが、それによって浮き彫りになる男性の問題もあるはず!

この日が制定されることで、ニュースやコラム、こうした記事一つを読むことで変わる人の意識もあるのだろうか?

そしてこれから国際ガールズデーは市民権を得ていけるのだろうか。

全てはまず初年度の今年にかかっていると行っても過言ではありません。

さて、僕は金沢での学生が企画するイベントとかを何回か取り上げてきたわけですが!

今回もあります!

国際ガールズデーに先駆けてのイベント!

“国際ガールズデー in KANAZAWA ~女のコにはチカラがある!~”

です。

一度記事で紹介したTable for twoの団体、En2のメンバー主催で、国際的にも影響力のある女性の方にお話頂いたり、ワークショップを通じて女の子の活躍を考えていきましょう!

という主旨のイベントであります。

国連が定めた新しいものに対してちゃんと学生がこうやって呼応するというのは見ていて素晴らしいなぁと思います。

イベントが成功すること、そして国際ガールズデーの日本での認知、そしてそれに伴う日本全国の女性の活動を応援しています!

イベントの詳細はこちら!

https://www.facebook.com/events/354691014660731/

そしてイベント母団体のページはこちら!

https://www.facebook.com/eating.for.children

 

海外に出ることが好きで大学で年に一度、二週間ほど海外で病院見学やボランティアをするサークルに入っています。 情報に触れるのが好きで、主に今住んでいる街(金沢)について情報を得るのが好きです。 現在金沢の里山に関するフリーペーパーをつくっている『atetote』でライターをしています。 時々Freelance writer として出没するかもしれません。 アメブロ、よかったら見てくださいm(_ _)m http://ameblo.jp/takehito-kamada/

ウェブサイト: http://ameblo.jp/takehito-kamada/

Twitter: t_leo_k

Facebook: takehito.kamada