信長の本当のお墓を発見する

  by 戸田健太郎  Tags :  

だが、織田信長の本当のお墓であり、これぞ決定版とされるものが京都市内にある。なのに特に観光名所とされることもなく、話題にも上らず、実際あまり訪れる人もいないようだ。一応は史跡とはいえ、しょせんは単なるお墓であるから、ネームバリューのある場所にあるとか、大寺院であるとか、城跡のようなものとセットになっていないと話題性も乏しいのだろう。かの織田信長が葬られているにしては、この寺はささやかなものだ。そして市街地中心部からは少々離れた場所にある。

場所は寺町通りをずっと上がり、出町柳の賀茂川と高野川の合流地点(鴨川デルタ)を過ぎてもっと上がる。京都風の住所表記でいうと「寺町通今出川上ル」から、さらに下鴨神社と同じくらいのところまで歩いたあたり。そこに『阿弥陀寺』という名前の、京都の町並みの中ではさして大きくもないお寺がある。そここそが織田信長の本当のお墓とされる場所だ。こんなところに?と思うような目立たない場所であるが「織田信長公本廟」という石碑が建てられているので間違いはない。

本当にささやかな墓である。本能寺で討死した織田信長と、二条城で討死した嫡男信忠の墓が仲良く並べられて弔われられている。長年の雨風にさらされてきた歴史の重みだけは感じられるが立派なものとはいえない。傍らには共に亡くなった森乱丸(蘭丸)、力丸、坊丸の三兄弟のお墓や他の家臣衆の墓がいくつか並ぶ。信長関係の墓所としてはそれだけだ。なぜこれが本当の織田信長の墓と言われているのか。素っ気ないのにもしっかりとした理由があった。それはこういうことだ。

本能寺の変が勃発したおり、阿弥陀寺の時の住職である清玉上人は、信長と懇意にしていたこともあり、僧徒を引き連れて本能寺に駆けつけた。しかし明智勢の囲みをかいくぐるのは難しく、なんとか裏門から侵入した時には、既に信長は自害した後であり、清玉上人は遺体を明智勢に見つからぬようにそっと運びだして寺内に埋葬した。後に豊臣秀吉の天下になり、秀吉は自らを喪主として信長の一周忌を執り行うにあたって、阿弥陀寺に協力を要請する。しかし信長の法要を、権力争いの道具とされることを望まなかった清玉上人はこれを拒否したのだ。秀吉は大徳寺に総見院をあらたに建てることになる。秀吉の怒りをかった阿弥陀寺は所領を大きく削られ今に至る。

なかなか面白い本能寺の変の裏話だ。つまり成立段階からして、織田信長の墓という巨大なアイコンの、メインストリームから外れる理由も必然もあったのだ。寺がひっそりとしているのも、お墓が必要最小限なのも、ほとんど宣伝されてこなかったのも、すべてに綺麗な説明がつく。もちろん信ぴょう性というのは今さら誰にも証明が難しいものではあるが、よく考えられたミステリー小説の種明かしのようだ。このストーリーに歴史的なロマンを少しでも感じたなら、信長のお墓参りとして訪れるには十分な場所だと言える。観光コースには組み入れられることは無いけれど、それがかえって面白みがあるのではないか。信長の本当のお墓をお参りしてきたとなればちょっとした話のネタにもなる。

余談だが、すぐそばにある十念寺には、室町幕府6代将軍の足利義教の墓所がある。強硬で革新的な性格や、比叡山との敵対、家臣に裏切られての非業な最期など、後の織田信長とよく対比される人物だ。その二人が御近所様としてお墓を並べているのがなんとも面白い。縁もなにも無くてたまたまのことだろうが、これが歴史の妙というやつだ。

大阪よりインターネットラジオBS@もてもてラジ袋を毎週配信。 http://www.moteradi.com/ 市民生活の専門家。易者。自由律俳句を詠む。 旅と読書と麺類(特にうどん)とファストフードとアルコールをこよなく愛している。 日本各地の大衆居酒屋や立ち飲み屋めぐりも趣味。 JR天満駅周辺の格安飲み屋に常駐している。

ウェブサイト: http://butaosan.exblog.jp/ http://www.moteradi.com/ http://www.voiceblog.jp/tougou/

Twitter: kentlow