二日酔いにはこれを飲め!つらい症状を和らげる意外な医薬品

  by 浅川クラゲ  Tags :  

酒好きの人であれば一度は「二日酔い」を経験したことがあるのではないだろうか? お酒に飲まれたペナルティーとしておこる吐き気や頭痛といった二日酔いの症状に襲われると「もう、酒なんかみたくもない!」という気持ちになる人も多いと思う。 適度な量に抑えれば二日酔いにならないと分かってはいても飲みすぎてしまうことがあるのが人の哀しい習性である。ここでは、適度な量を飛び越えて深酒してしまう人に知ってほしい、二日酔いのメカニズムと基本的な対処法。さらに症状を和らげる医薬品について紹介していきたい。

 

二日酔いのメカニズム

二日酔いの原因は何といっても「飲みすぎ」の一言につきる。自分の体が処理できる量を超えて酒を飲んでしまうから二日酔いの症状が発生するのである。アルコールは体の中に入ると、肝臓でアセトアルデヒトという物質に分解される。アセトアルデヒトはさらに酢酸へと分解されてから最終的には水と二酸化炭素になり体の外へ排出される。二日酔いの症状は飲みすぎることによって、毒性のあるアセトアルデヒトがスムーズに酢酸に分解されずに体内にとどまってしまうことによって発生するのである。

 

基本的な対処法

二日酔いで気分が悪い人にとって一番の対処法は「休息」である。何もしなくてもひたすら横になって休んでいればいずれはアセトアルデヒトが分解されて二日酔いの症状は治まるはずである。とはいえ、飲んだ次の日に仕事がある人は悠長に休んでもいられないだろう。そのような人におすすめしたい対処法が「質の高い水分補給」と「医薬品の使用」である。アルコールには利尿作用があるので、水分を補給しないと脱水症状をおこしやすくなる。二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒトはやがて水になって体の外に排出されるが、体の水分が不足している状態ではスムーズに分解されない。そこで水分をしっかり摂ることによって分解が進み、二日酔いを緩和してくれるのである。水分補給の際は水よりも「OS-1」のような経口補水液の方がより効果が高いのでおすすめである。

 

二日酔いに効果を発揮する意外な医薬品

二日酔いに効果的な医薬品というと、胃腸薬や肝臓の働きを高めてくれるドリンクをイメージしやすいが、実は他にも効果的な医薬品がある。その医薬品とは「L-システイン」が配合された医薬品である。L-システインというのはシミやそばかすなどを改善する美容系の医療成分である。市販されている医薬品でいえば「ハイチオールC」などが有名である。実はこのL-システインにはアセトアルデヒトの分解を促進させる効果があり、「ハイチオールCプラス」の効果・効能には二日酔に効くとしっかりかいてあるのだ。男性にはなじみの薄い商品かも知れないが、チェックしてみることをおすすめしたい。

 

暑くなるこれからの季節はビールが一番美味しくなる季節でもある。酒に飲まれて二日酔いで後悔しないためにも、「OS-1」と「L-システインが配合された医薬品」を携行してみるのはいかがだろう?

 

http://free-images.gatag.net/?s=%E9%85%92

photo by Gabriella Corrado

 

浅川クラゲと申します。大学にて臨床心理学を専攻。登録販売者やカウンセラーの資格を利用して本業(面接官)の傍ら、クスリやサプリメント、心理学に関する雑文やサブカルチャーに関する記事を細々と書いております。