”乾杯”からビールが消える?!~焼酎・日本酒の乾杯推進条例が次々と

  by chai  Tags :  

一日の疲れを癒してくれる気の合う仲間との宴会。

大人の欠かせない楽しみの1つだ。

「とりあえずビール」。確認は省かれ、席に着くなり、まずは注文が入る。

はい、ビール来ましたよ~さあ乾杯~!!

誰しもが経験しているであろう、この流れ。まずはビールで乾杯し、その後、おのおの好みのお酒(日本酒や焼酎など)に移る方も多いのでは。

このように、乾杯=ビール の図式は非常に強固かつマジョリティで支持を得るものなのだが、これに「まった」を掛けるものが出てきた。

焼酎や清酒を生産する各地で、「乾杯はビール以外で行おうじゃないか」と地域振興を目的に「乾杯条例」を制定する事例が次々に出現しているのだ。

 

乾杯に日本の心を~日本酒で乾杯♪

行政のみならず各界著名人などを集めた民間団体「日本酒で乾杯推進協議会」なるものも存在し、各方面からのプッシュも手厚い。

かつて筆者が読んだある小説の登場人物(主人公が恋する通好みの中年男性)は、飲み屋での乾杯は必ず日本酒。そして、締めが「ビール」という、一般通念的に真逆のチョイスだった。

なんでも、好きなお酒をはじめから楽しみ、最後はビールを選んで「口のなかをさっぱりさせて」終わるんだとか。もっぱら乾杯はビール派の筆者だが、「そういう飲み方もありかもしれない・・・」と思わせた。ちなみに思っただけで実践には至っていない。

 

飲み方は千差万別!~焼酎で乾杯♪

焼酎の魅力はなんといっても自由な割り方。ロック、水割り、お湯割りをはじめ、梅干しやレモンを入れてもよし、炭酸で割ったりウーロン茶で割ったりと、ビール・日本酒にはけしてできない個々の自由度は半端ない。割り方も薄め、濃いめとそれぞれに合わせて調整可能。

アルコールに弱い人やちょっと飲みすぎているな、という人がいれば、できるだけ薄く、あるいはお代わりと称して水を足しただけのものを差し出す。筆者の住む地域では、「酒」といえば「焼酎」を指す産地。人を見て焼酎の濃さを調整する技も習得し、宴席ではグラスの空きを見計らってお代わりづくりに励むが、その調整技次第では宴席を裏から牛耳ることも可能・・・だといつもふと思う。

 

結局選ぶのは?

乾杯は宴席の始まりの合図。

乾杯までの手筈はよりスピーディーであることが理想。グラスの中身が統一されていれば席に並ぶのも早いし、参加者のシンパシィもより高まる気もする。

「まずは」のあとになにを選ぶのか。やはりビール優勢は変わりないだろうが、飲む場所や、メンバーによって、たまにはビール以外の選択肢を選んでみても楽しいかもしれない。

出身は東京港区、現在は日本の南にある島で暮らして、いつのまにか在島10年超。 新聞記者、携帯コンテンツ編集を経て現在フリーライターとして修業中。 興味あることを文章にし人に読んでもらえる喜びを大切にしたいです!

ウェブサイト: http://shimbun.hokkori.me/%e5%a5%84%e7%be%8e%e3%81%a7%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%81%8c%e5%b7%a3%e4%bd%9c%e3%82%8a%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%95%e3%81%ab%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%a7/ http://shimbun.hokkori.me/%e6%a2%85%e9%9b%a8%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%95%e3%81%8b%e3%82%8a%ef%bd%9e%e3%82%a6%e3%83%9f%e3%82%ac%e3%83%a1%e3%81%ae%e5%8d%b5%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/ http://nanapi.jp/100037/

Twitter: @himikoo27_hf