モテる女性の顔には3つのパターンがあった!比較文化研究からみるモテ顔

  by 浅川クラゲ  Tags :  

 

カニンガムが発表したモテ顔は以下の3パターンである

幼児性の残る顔:大きな目に小さな鼻、さらに小さな下あごといった幼児のもつ外見的特徴を備える女性は、どの文化でも魅力的な外見をもつ女性として評価されていた。日本でいうならば「ロリ顔」ともいえるだろう。このような外見は、相手の保護本能を無意識のうちに刺激するために男性にとっては魅力的に映ると考えられている。

成熟した顔:突起したほお骨に、シャープな下あご。「キレイ系な大人の女性」にジャンル分けされる顔立ち。

表現の豊かな顔:幼児性の残る顔や、成熟した顔といったような外見的特徴はもたないが、大きく見開いた瞳孔、満面の笑みといった「くるくる変わる豊かな表情」「愛想の良い顔」といった外見的特徴も、文化を超えた魅力的な外見の1つと考えられている。

 

上記のモテ顔はあくまでもカニンガムが発表した仮説の1つでしかない。しかしながら多くの男性は3パターンのどれかに該当する女性に一度は惹かれたことがあるのではないだろうか?

 

Photo by BlackStones707

http://free-images.gatag.net/?s=%E5%A5%B3%E6%80%A7

 

浅川クラゲと申します。大学にて臨床心理学を専攻。登録販売者やカウンセラーの資格を利用して本業(面接官)の傍ら、クスリやサプリメント、心理学に関する雑文やサブカルチャーに関する記事を細々と書いております。