ジェラルド・バトラー来日記者会見にて 

  by 草薙 斐  Tags :  

トークセッションにて、鈴木奈々の破天荒さにも、ハリセンボンのわりあい地味な話にもしっかり受け答えしていた。セレブって案外、腰が低いですね、いや、彼が特別かも、なんて思っていた。

「今回の映画は、よくケガをしたよ。歌をうたおうと思ったら、高音が出ない。医者に行ったら、『首の骨が2本折れていますよ』と言われた」。アクションシーンが派手な映画だからね、でもそれって自分で気付かないのだろうか・・・・・・。(結構痛いと思うんですが)。

「続編の話はあるよ。具体的には決まっていないけど。だけどホワイトハウスが占拠された後に、何が続くのか分からないけどね。ここで何かいいアイデアがあったら募集するよ」と。たとえ冗談でも、恐れ多くてそんなことできない。

私にとっては、初めての記者会見だった。アウェーな感じが付きまといながらも、ジェラルド・バトラーという俳優がこの緊張感を解いてくれたのだった。ありがとう、また日本に来てね。

<映画内容>

7月5日、独立記念日の次の日、ホワイトハウスは戦場と化した。
午後の6時過ぎにアジア系テロリスト集団に占拠され、大統領は人質となってしまう。
テロリストの計画は完璧そのもので、阻む手段がなかった。誰もが絶望しかけたその時、たった1人の男が人質救出に向かう。彼は一線を退いたシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー 映画『300/スリーハンドレッド』)だった。彼はこう誓う。”必ず救出する”、と。
しかし、時間は限られていた。バニングはテロリストの「最終目的」を阻止できるのか?

<作品概要>

エンド・オブ・ホワイトハウス
6月8日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
(C)2013 Olympus Productions,Inc
配給 アスミック・エース

エンド・オブ・ホワイトハウス 

公式サイト http://www.end-of-whitehouse.com

映画、依存症、英語、アメリカ文化について研究しております。ホームページでは気ままにTIME誌の記事を訳していたり、海外ドラマに解釈をつけたりしています。

ウェブサイト: ブクログのパブー 草薙 斐 http://p.booklog.jp/users/matsumotosan コンテンツバンク 草薙 斐 http://www.conban.jp/cb/credtl/10394