ノンカロリー飲料で肥満がすすむ?ダイエット飲料の甘い罠

  by 浅川クラゲ  Tags :  

ここ数年でノンカロリー飲料のラインナップは大いに増えている。コンビ二やドラッグストアでもウェイトコントロールに役立つ商品として大々的に販売しており、消費者もノンカロリー飲料にはおおむね肯定的な姿勢をもっているようだ。ところが、ダイエットに役立ちそうなノンカロリー飲料を飲むことによって糖尿病になるリスクが高まるという研究がある。ここでは、ノンカロリー飲料を飲むことによって糖尿病になるリスクが高まるという研究結果を発表した金沢医科大学の桜井勝准教授の説を紹介していきたい。

 

ノンカロリー飲料を飲むと糖尿病になるリスクが1.7倍?

桜井准教授の行った研究は富山県の工場に勤務する35~55歳の男性2037人を対象に、ノンカロリー飲料を飲むペースや量を2003年の健康診断から毎年継続してヒアリングしたものである。その結果、2010年までに170人が生活習慣が原因で発症する2型糖尿病になった。そして、糖尿病になった人たちの生活習慣を詳しく調べたところノンカロリー飲料を週に1回飲む人の方が、ほとんど飲まない人に比べて2型糖尿病を発症するリスクが1.7倍になるという結果が報告された。

 

なぜ、ノンカロリー飲料を週に1回以上飲むと糖尿病のリスクが高まるのか?

ノンカロリー飲料の継続摂取によって糖尿病のリスクが高まる背景について桜井准教授は①ノンカロリー飲料を飲むことによってカロリーを減らした気分になり、躊躇せずたべすぎてしまっている可能性がある②清涼飲料に含まれる人工甘味料が甘いものへの食欲を増進させている可能性がある。という2つの仮説を挙げている。

 

ノンカロリー飲料自体にはカロリーがないので、単品で摂取する分には肥満の引き金にはならないのかもしれない。しかし、ノンカロリー飲料には「カロリーゼロだからちょっとくらい食べる量を増やしても大丈夫」「カロリーが無いから少しくらい甘いものを食べても大丈夫」という肥満につながるメンタルを形成する危険性は他の飲料に比べて高いだろう。ウェイトコントロールをするために選んだ飲料で体重が増加しては元も子もない。皆様にはくれぐれも上手にノンカロリー飲料を利用していただきたい。

 

足成より引用

http://www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php

 

浅川クラゲと申します。大学にて臨床心理学を専攻。登録販売者やカウンセラーの資格を利用して本業(面接官)の傍ら、クスリやサプリメント、心理学に関する雑文やサブカルチャーに関する記事を細々と書いております。