第39回ノーベル物理学賞 サイクロトロンの開発および人工放射性元素の研究

  by なみたかし  Tags :  


 1939年というと第二次世界大戦の始まった年。9月1日ナチス・ドイツ軍とスロバキア軍によるポーランド侵攻により、第二次世界大戦が勃発した。その1ヶ月前の8月には、アインシュタインがルーズベルト米大統領宛に原子爆弾開発を促す書簡(アインシュタイン=シラードの手紙)を送付、マンハッタン計画の契機となった。

 著名なアインシュタインが関わったこの手紙は、アメリカ政府の原子爆弾開発計画であるマンハッタン計画の最早期の引き金として有名である。 この結果1945年8月6日、9日広島、長崎に原子爆弾は落とされることになる。アインシュタインは晩年この手紙に署名したことへの後悔の念を吐露した。

 1939年のノーベル物理学賞を受賞したのは、米国の物理学者アーネスト・ローレンス。受賞理由は、「サイクロトロンの開発および人工放射性元素の研究」である。原子物理学や素粒子物理学で標準的に使用される加速器であるサイクロトロンを発明したことで知られる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:加速器 アイラブサイエンス:リニアコライダーで震災復興

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami