コエンザイムQ10は中高年に必須なビタミン様物質!!

  by たか  Tags :  

 

元々は医薬品として使用されており、狭心症、心不全、虚血性心疾患、脳出血などの治療として使用されていました。

 

 

このページでは、コエンザイムQ10を生活習慣に取り入れることで、体にどのような変化が期待が出来るのか?更に欠乏症になってしまう事で体はどのような症状に陥りやすいのか?を解説しています。

コエンザイムQ10は体内でも合成されますが、20歳をピークに減少してしまいます。過度の喫煙、飲酒、ストレスによっても体内量は減少してしまい、生活習慣病になりやすい体質になってしまいます。

特に中高年の方、目安としては30歳を超えた辺りから、日々、積極的に摂取して頂きたい栄養素でございます。

 

コエンザイムQ10の働き

細胞の中にありますミトコンドリア内で糖質や脂質、アミノ酸からエネルギーを産出します。また、ビタミンEと同様に脂溶性の抗酸化物質としても働き、細胞膜などを組織する体内脂質を活性酸素から守ります。更に、精子を活発にし、免疫細胞や白血球の作用を高める働きをしています。

 

コエンザイムQ10の欠乏症

コエンザイムQ10は20歳をピークに減少し、老化の過程で欠乏します。特に喫煙、飲酒、ストレスなど長年の習慣によってさらに減少しやすい体質になってしまいます。コエンザイムQ10が欠乏することで、皮膚や脳、臓器にも影響が出てきます。

 

【主な症状】

・歯槽膿漏

・心疾患

・息切れ、動悸

・アレルギー

・糖尿病

・高血圧

・動脈硬化

・冷え性


コエンザイムQ10の摂取方法

コエンザイムQ10の摂取方法、コエンザイムQ10のサプリメントの選び方については

>>サプリメントBible!で詳しく解説しています。

日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーのたかです。サプリメントアドバイザーを志したきっかけは、『花粉症』です。30歳を超えた辺りから花粉症を発症し、当初は薬で対策していましたが、一番厄介でしたのが、副作用。体もだるくなるし、眠気も襲ってくる。医者からは、薬は最終手段の対策で、一番は栄養管理!特に花粉症は乳酸菌を積極的に摂取する事で内臓が元気になり免疫力も向上する!と言われてから、毎日、乳酸菌のサプリメントを飲むようになりました。それから数カ月後、薬の飲む量は減り、体のだるさも解消し、心身ともに元気になりました。その感動を一人でも多くの方に知って頂きたい為に、サプリメントアドバイザーの資格を取得しました。健康に特化した濃い情報を発信していきますのでよろしくお願い致します。

ウェブサイト: http://www.cafun.net/ http://www.metbo.net/

Facebook: takayuki.ando.18