完全試合はやってくるものではなく、起こるもの-A.J.ピアジンスキーの言葉

  by 綾瀬 新  Tags :  

完全試合達成まであと一人だった投手のロッカーへ向かう。その足取りはゆっくり。なんとも言えない表情で思わず天を仰ぐ。「マジか…」と言いたげな表情。投手の姿を見かけると、肩を軽く叩き、わずかばかりの言葉を交わした。「残念だったな」。

以上のやり取りはMLBテキサス・レンジャーズのオフィシャルサイトで明かされているものである。主体は新加入のベテラン捕手のA.J.ピアジンスキー。ダルビッシュ有と公式戦で初めてコンビを組んだピアジンスキーは「俺、アイツ、皆が望んだ結果(27人目の打者に初安打を許す)ではなかった。日本の人たちもそうだと思う」と答えている。

試合後のクラブハウスは、いつもと変わらなかったそうだ。音楽が鳴り響き、選手のおしゃべりも花が咲き、典型的な勝利後の良い雰囲気。ヒューストン・アストロズに7対0で快勝し、今シーズン初勝利を挙げたレンジャーズ。ダルビッシュは自己最多の14奪三振を奪い、エルビス・アンドラスは三塁打を2本放ち、ランス・バークマンは猛打賞をマークした。

「誰もが完全試合を達成すると思っていたはずだ」と語るピアジンスキー。ミニッツ・メイド・パークの客入りは22,673人と収容人数の半分ほどだったが、アウェーチームの一方的な終盤でも多くのファンが残っていた。憎たらしいほどの投球を続けるダルビッシュへのブーイングをかき消すほどの大歓声。しかし、27人目の打者であるマーウィン・ゴンザレスに投じた初球は、ダルビッシュの脚の間を抜けてセンター前へ転がってしまった。

数多くの球種で圧巻の奪三振ショーを披露したダルビッシュだったが、三振数の多さは球数の多さ(111球)にも繋がった。ロン・ワシントン監督は、ランナーを一人出した直後にマウンドへ向かった。投手のスタンディングオベーションを受けさせるだけでなく、長いシーズンも考慮したに違いない。実際、終盤は背中や指が万全ではなかったようだ。

2007年にノーヒット・ノーラン、昨年には完全試合達成を女房役として支えたピアジンスキーは最後にこう述べた。「打線爆発(12安打7得点)で2安打完封。喜んで家に帰った奴もいるだろう。だが、俺にとっては“ほろ苦い”結果だ。完全試合はワールドシリーズを制するのとは別物。やってくるものじゃない、一夜限りで起こるものなのさ」。

以上、長文でしたが、読んでいただいてありがとうございました。私の書いた記事に興味が湧いたという方は【物書き屋のサッカーを笑うな】へお越しいただけると嬉しいです。

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/