クローン動物の長寿化に成功!1匹のマウスから598匹のクローンマウス

  by なみたかし  Tags :  


 1998年4月、クローンで生まれた、ヒツジのドリーは妊娠し子羊「ボニー」を出産した。ボニー出産の翌年にも3頭の子供を出産したが、2001年末にはヒツジの「老化現象」といわれる関節炎を後ろ足におこしていることがわかった。

 ドリーは、染色体の中のテロメアとよばれる老化とかかわりの深い部分が、同年齢のヒツジよりも約20%短い。そのため、早期に老化してしまうこととの関係性が指摘されていた。2003年2月14日、ドリーはウイルス性の肺癌が悪化し、回復がみこめないため安楽死させられた。ヒツジはふつう11~12歳まで生きるが、ドリーは6歳7カ月だった。

 このように、クローン動物には、染色体の末端にあるテロメアという部分が短くなるという現象が起き、どうしても世代を重ねると寿命が短くなる欠点があった。

 ところが、理化学研究所は、2005年末から1匹のマウスをもとにクローンマウスを代々作り続け、現在、26世代、計598匹の再クローンマウスを誕生させていることを明らかにした。すなわち、クローン卵細胞を初期化することに成功し、クローンを長寿化させることが可能になった。いったい何をしたのだろう?

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP 理化学研究所:1匹のマウスから500匹以上のクローン作出に成功

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami