地球は放射線に包まれている!バン・アレン帯に出現した第3の放射線帯とは?

  by なみたかし  Tags :  


 地球をとりまく二重構造の放射線領域「バンアレン帯」の外側のベルトに、第3の領域が一時的に出現した。探査機「RBSP」の観測で見つかった。バン・アレン帯とは、エネルギーの高い粒子が地球をドーナツ状にとりまいている領域をいう。

 地球はその中心に磁石をおいたような磁界をもっており、この磁界のおよぶ範囲を磁気圏とよぶ。地球の磁気圏は、宇宙空間にどこまでも広がっているわけではなく、太陽からふきだす太陽風とよばれるプラズマ(電気をおびた粒子)の流れの圧力をうけて、昼側では圧縮され、夜側では長くふき流された形になっている。

 1958年に打ちあげられたアメリカ合衆国最初の人工衛星エクスプローラー1号は、この磁気圏内に地表の自然放射線の1億倍以上も強い放射線帯があり、地球をとりまいていることを観測した。発見者バン・アレンにちなんでこの放射線帯をバン・アレン帯という。

 放射線帯を形成する粒子は、おもに高いエネルギーの陽子と電子で、そのエネルギーや密度のちがいから内帯と外帯に分けられる。内帯は地上3000〜4000kmを中心に広がる領域で、おもに高いエネルギーの陽子と電子からなる。

 外帯は地上約2万km付近を中心に広がる領域で、おもに高いエネルギーの電子からなる。これらの粒子は電気をおびているので、地球の磁界の磁力線にとらえられ、らせん運動をしながら高速で南北両半球の間を往復している。一方、電子は地球のまわりを東回りに、陽子は西回りに移動(いどう)している。このため地球をドーナツ状にとりまく放射線帯ができる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP アストロアーツ:バンアレン帯に出現した第3の放射線帯 双子の探査機「RBSP」打ち上げ成功

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami