文章力低すぎと注目される『サンデー毎日』コラム コメント依頼に編集長ブチ切れ!

  by 中将タカノリ  Tags :  

文章力が低すぎるとして『Twitter』『2ちゃんねる』などで話題になっているのは、3月6日に『サンデー毎日』から配信された『居所不明の小中学生千人と「親」』と題するコラム。書いたのは同誌の元編集長にして毎日新聞客員編集委員、岩見隆夫氏だ。

岩見氏は居所不明の児童が増えている問題の背景に親子間の不信があるとし、その中で二つの逸話を紹介。ところが、それぞれ個別に読めばそれなりに含蓄のあるだろう寓話が、はじめに挙げた問題提起と今一つマッチしていない。執筆するうちに話題の着地点がわからなくなったのか、これと言った論拠もないのに女性グループが食事や旅行に興じる世相を批判したかと思えば、文末になんの前触れもなく「<今週のひと言>おごるなよ、自民党。」という1文で締めるという自由すぎるライティングスタイルを披露している。

これに対し『Twitter』では「ドライブ感ありすぎる展開にコーヒー噴いた」「脈絡がないというか、何の話してるのか全くわからん。いや、多分、何の話もしていない」「老害だなぁ女は家庭にいろってか……と流し読みしてたら、最後の一文で脳ミソがとろけた」「これは伝説に残るレベル」「よく名前明かしてこんなクソブログみたいな文章公開できるな……」「こんなので飯食ってる大人がいるんですか」などさんざんに文章力を酷評する声があがった。

一言断っておくが、『サンデー毎日』はそこらのゴシップ雑誌などとは違い、毎日新聞社が発行する日本で有数の歴史を誇る“総合週刊誌”。すべての記事がこんな水準というわけではない。普段は厳正な校正をこころがけているであろう編集部でも「こんなクズコラム書いたの誰だ!? えっ……元・編集長? なら仕方ないな……」みたいな悲しいやりとりがあったのではないかと想像してしまう。

この騒動についてご意見をうかがうため毎日新聞社に問い合わせしたところ、電話で応対していただいたのは編集長。ただ、名乗りをいただけなかったため、サンデー毎日編集長の潟永秀一郎氏なのか、毎日新聞社の編集編成局長の成田淳氏なのかという特定はできなかった。

筆者:お忙しいところ申し訳ございません。このたび、御社が3月6日に配信された『居所不明の小中学生千人と「親」』というコラムに対してインターネット上で大きな反響がございまして、それについてのお考えをお聞かせ願えればと思いお電話いたしました。

編集長:はい。

筆者:その反響というのが、たいへん申し上げにくいのですが「文章がひどい、飛躍しすぎている」というものでございまして……。

編集長:それはあまりに失礼ですよ! うちの記事を引用して書くということですか?

筆者:いえ、文章を引用するつもりはありません。まずインターネット上の反響、コラムの概要、そして御社のご意見をまとめた記事にしようと思っております。

編集長:僕はあなたの会社しらないけど、いつもこんな取材してるの!?

筆者:はい。インターネット上の媒体ですので……

※「まず御社がネット上の反響そのものをご存知かどうかということにも関心があります」と続けようとしたら勢いよく話をかぶされ

編集長:あまりに失礼な電話ですよ! 紙面の新聞だろうがインターネット上の新聞だろうが、うちならこんなふうにインタビューしない! インタビューするならそれなりの段取りがあるでしょう。うちは広報があるから、まずそこに資料なり質問なり送ってくださいよ。

筆者:総合案内にお電話したらこちらにつないでいただいたもので……大変失礼いたしました。

編集長:それに対してこちらがお答えするかどうかというのはまた違う話です。

質問の意図さえまともに聞いてもらえないばかりか、一方的な誤解で叱責され、もはやとりつくしまがない対応。お名前すらわからない毎日”某編集長”だが、冷静さのかけらもない態度には報道にかかわる人間として違和感が残った。

ガジェット通信では以前にも相澤マイコ記者が『毎日新聞、ハム速と2ちゃんねるを間違えて批判する』(http://getnews.jp/archives/236647)でその情報判別能力に疑問を呈していた。筆者ははじめから『サンデー毎日』、毎日新聞社を批判するつもりなどなかったが、このような対応を受けてしまうと情報判別能力に関しても、今回の岩見氏のトンデモコラム問題に関しても「さもありなん」といった感想を覚えてしまう。長く続いた組織が自己批判能力に欠けるようになるのは珍しいことではないが、なにしろ毎日新聞社と言えば日本を代表する言論の公器。筆者のような“インターネット媒体”の記者に指摘されさぞ気も悪いだろうが、少しでも思い当たることがあるのなら、今後このような痴態を繰り返すことのないよう心がけていただきたいものだ。

※画像は『Twitter』、『サンデー毎日オフィシャルホームページ』から引用いたしました。

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo