超古代大陸は存在したか?モーリシャスの砂浜に数億年前の「ジルコン」発見!

  by なみたかし  Tags :  


 「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称である。

 ムーやアトランティスなどの伝承や創作文学などを発端とするものが多い。これらの文明には、現代文明をしのぐ卓越した技術によって繁栄したが、自らの超技術に溺れて自滅したり、驚異的な天変地異によって消滅したという物語が付随する。

 こうしたロマンチックな話は、しばしば創作の世界においてテーマとされる。しかし、学術的には認められていない。学術的に認められていないからといって実際に存在している可能性もある。そこに真実があったとしたらもったいない話だ。

 果たしてまだ見たこともない超古代文明は存在したのだろうか?ムーやアトランティス、を始めガーナ、ミュートラル、ラムディアなど多数の文明が存在している可能性が「太陽の法」では指摘されている。これまで、こうした超古代文明の証拠は発見されていなかったが…。

 インド洋に浮かぶ小島、モーリシャス島の海岸の砂粒から、海に沈んだ「超古代大陸」の存在を裏付ける物質が見つかったとの研究成果が発表された。超古代大陸の上には超古代文明が存在した可能性がある。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:レムリア 伝説上の大陸 National Geographic news:古代大陸の痕跡?モーリシャスで発見

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami