“EyeSight”に見る、クルマの安全技術!

  by なみたかし  Tags :  


 テレビCMでお馴染みになった、衝突しない技術、スバルの「アイサイト(ver.2)」。調べてみると、ぶつからないだけではなく、前のクルマについていく技術、飛び出さない技術、注意してくれる技術など4つの技術が1セットになったものであることがわかった。

 ぶつからない技術、これをプリクラッシュセーフティシステム(PCS)とよぶ。これにはレーザーやミリ波、カメラで、危険を探知し、自動ブレーキをかけて衝突を回避、もしくは被害の軽減を図る。アイサイトは、ステレオタイプのカメラの映像を分析して障害物を認識する。

 また、前のクルマについていく機能はアダプティブクルーズコントロール機能(ACC)という。これは、先行車が進むとアクセルを踏んでついていき、停まると、それに続いてブレーキ操作をしなくても停止する。発進もスイッチひとつでOK。ドライバーのペダル操作の負担を大きく減らす。渋滞で少し動くたびに、せわしなくアクセルやブレーキを操作するストレスも軽減される。

 まだハンドル操作などは自分で行うので、完全自動というわけではないが、こうした運転の負担を少なくしてくれる技術があると楽しくなる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:パッシブセーフティー アクティブセーフティー SUBARU:運転支援システム EyeSight 価格.com:ここまで来た!自動車の安全技術最新動向

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami