怖い!ダニ感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」

  by なみたかし  Tags :  


 世の中にはまだまだ知られていない感染症が存在する。

 厚生労働省は1月30日、ダニが媒介する新種の感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、山口県内の成人女性が死亡したと発表した。原因となるSFTSウイルスは2011年に特定されたばかりで、国内で感染により患者が死亡したと確認されたのは初めてのことだった。

 このウイルスSFTSは、2009年ごろに中国で発生が報告され、致死率は12%程度と推定される。死亡した女性は、野山に生息するマダニの一種にかまれて感染したとみられる。今のところ有効な治療薬やワクチンはない。

 この女性は、昨年秋に発熱や下痢などの症状が出て白血球や血小板の数が低下し、約1週間後に死亡したという。国立感染症研究所(東京都)で患者の血液を調べたところ、SFTSウイルスが見つかった。患者には最近の海外渡航歴がなく、持病などもなかった。国内でダニにかまれ、感染したとみられる。厚労省は30日、類似の患者を診察した場合の情報提供を、各都道府県に要請した。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:マダニ 厚生労働省:重症熱性血小板減少症候群

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami