驚くべき動物の帰巣本能!320kmを一人旅

  by なみたかし  Tags :  


 アメリカでは、旅先で行方不明になり、約320キロの道のりを自力で旅して地元に帰った飼い猫「ホリー」が大きなニュースとなった。

 舞台はフロリダ州、パームビーチ。ここで暮らしていた飼い主と4歳の飼い猫の「ホリー」は、花火大会を見にフロリダ州北部にあるデイトナにでかけた。ところが、花火の大きな音に驚いた「ホリー」はデイトナでいなくなってしまった。

 飼い主はしばらく、探したが見つからず泣く泣くパームビーチに帰っていった。ところが60日後、やせ細って泣くこともできない状態で「ホリー」が発見されたが、パームビーチの飼い主の家のすぐそばだった。

 変わり果てた姿であったが、「ホリー」にはマイクロチップが埋め込まれていた。家のそばまで帰ってきて保護されたあと、そのマイクロチップのおかげで持ち主と、無事、再会を果たしたという。

 デイトナからパームビーチへは320kmである。同じフロリダといっても日本とは違いアメリカは広い。東京から300kmの円を描くと、名古屋、新潟はらくらく入り、仙台にも到達する。これは猫の持つ本能だろうか、凄い能力だ。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP National Geographic news:驚くべき動物の帰巣本能 子犬のへや: 犬の帰巣本能

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami