お酒に飲まれてしまう人へ。ウコン以外のアルコールに効く栄養素とは?

  by 浅川クラゲ  Tags :  

飲みすぎて後悔したことはありませんか?飲みすぎた次の日に吐き気や頭痛などの二日酔いに悩まされる人は多いと思います。たまに飲みすぎて二日酔いになるくらいなら可愛いものですが、問題は休肝日を設けずに絶え間なく飲み続けることです。いくらお酒が「百薬の長」といっても、飲酒で過度に肝臓を働かせれば肝硬変などの病気につながり寿命を縮めることに繋がります。

 

お酒好きのパートナーとして最近ではウコンに含まれるクルクミンがすっかり有名になりましたが、ここではお酒を飲みすぎてしまう人におすすめしたい栄養素として「ビタミン群」と「葛根」の効果について紹介していきます。

 

テキサス大学で行われた研究によると「アルコール中毒のラットにビタミンを強化した食事を与えるとアルコールへの興味を失っていく効果があった」という報告があります。具体的にはビタミンA、C、D、Eと全てのビタミンB群。特にビタミンB1、B2、B12を高タンパクな食事と一緒にとると効果的なようです。上記のビタミンを効率よく摂取するのにはマルチビタミンのサプリメントを利用するのがベストです。お酒を飲みすぎて困る人はこれらのビタミン群の摂取と高タンパクな食事を生活習慣に取り入れてみるのはいかがでしょう?

 

一方、漢方薬の分野では葛根が二日酔いの解毒剤として知られています。葛根には植物化学物質のダイジンとダイゼインが含まれていて、これらの成分が血中アルコール値を下げてくれる働きがあるようです。ドラッグストアなどで販売している葛根湯でも十分な効果が期待できますが、医薬品であることに加えて葛以外の生薬も入っているので、葛根だけのサプリメントを飲酒前後に摂取する方が無難です。二日酔いには水分補給と睡眠が一番といわれていますが、仕事や付き合いでゆっくり眠っていられない時もあると思います。そんなときの強い味方として葛根のサプリメントを利用してください。

 

ビタミン群や葛根は飲みすぎや二日酔いの改善以外にも体に有益な作用をたくさんもっています。日常の健康維持のためにも積極的な補給を心がけてみることをおすすめします。

 

 

http://freephotos.jugem.jp/?eid=19 写真はフリーフォトスより引用

 

 

 

 

 

 

 

浅川クラゲと申します。大学にて臨床心理学を専攻。登録販売者やカウンセラーの資格を利用して本業(面接官)の傍ら、クスリやサプリメント、心理学に関する雑文やサブカルチャーに関する記事を細々と書いております。