学生フリーペーパーの祭典SFF開催

  by 橘友季  Tags :  


26日、ラフォーレ六本木にて、学生フリーペーパー最大の祭典『Student Freepaper Forum 2012』が行われた。全国から115媒体が応募、当日会場には約700人が集まった。

『Twitter』やブログなどデジタル全盛の時代になぜ、学生の間でフリーペーパーが人気を博しているのか。「Why create it now?」を審査基準に『ダ・ヴィンチ』編集長関口靖彦さんをはじめ、『R25』編集長柿崎隆さん、『装苑』編集長片岡朋子さんらが審査員を務めた。

当日はコピーライターの谷山雅計さん、ソフトバンクのCMなどで人気のCMプランナー澤本嘉光さん、『Pen』編集長安藤貴之さん、資生堂宣伝制作部長の澁谷克彦さんが二次審査を通過した5媒体を審査した。

ここではいくつかのフリーペーパーを紹介する。

Chot★Better

グランプリに輝いたのは、あなたの学生生活をチョットお得にするおもしろ情報誌『Chot★Better』。留年した学生たちのトークや、留年生スナップなど、留年を特集した。

HOMME

トップ5に入った『HOMME』は性という難しいテーマを真っ向から取り上げ、若者に性について考えるきっかけを伝えた。男女で恋愛について真剣にトークしたり、避妊や性病について特集している。

BACKPACKER

こちらもトップ5に入ったフリーペーパーで、国際問題の啓発活動をしている学生団体S.A.L.が発行したフリーペーパーだ。旅行ではなく旅に出よう、を合言葉に、インドやイスラエル、ネパールへの旅日記が載っている。グラビアも充実している一冊だ。

東北さいこう!

今も忘れることのない3.11を受けて作られたフリーペーパーがある。『東北さいこう!』だ。若者にいま何ができるのか、アクションを起こそう、という強いメッセージが込められた一冊。

東北さいこう!の展示スペース

SFFのホームページではこれらのフリーペーパーを試し読みできる。いま、学生が紙媒体で伝えたいことを感じて欲しい。

Student Freepaper Forum 2012
http://sff-web.com/index.html

小説家を目指している学生です。フリーペーパー発行サークルに所属。小説に限らず、コラム、レビューなども書けるようになりたいと思っています。

Twitter: orange_tata