卵白摂取が筋肉の代謝を高め、内臓脂肪を減少させる?卵白ペプチドの効果

  by なみたかし  Tags :  


マヨネーズでお馴染みの“キユーピー”は12月13日、卵白の摂取が筋肉での代謝を高め、内臓脂肪を減らす可能性があるという試験結果を発表した。ちなみにマヨネーズで使うのは卵黄の方だ。

 同成果は同社および東京慈恵会医科大学、食品総合研究所らの共同研究によるもので、詳細は12月15~16日に開催される「第10回 日本機能性食品医用学会」で発表される予定。

 キユーピーでは鶏卵の栄養機能や調理特性についての研究を進めており、これまでの卵白に関する研究として、卵白が血中コレステロールの低下や内臓脂肪を低減させることや、卵白ペプチドが生体内の抗酸化力を高めることなどを確認してきた。今回の研究では、卵白の摂取により内臓脂肪が減るメカニズムの検討を目的として、2種類の試験を実施した。

 1つ目は卵白を20%配合した飼料を28日間ラットに摂取させた「卵白群」と、対照としてカゼインを20%配合した飼料を摂取させた「カゼイン群」の、各群10匹による試験で、摂取開始後28日目に、内臓脂肪重量(腎周囲、精巣周囲、腸間膜)の測定を行った。その結果、卵白群では、カゼイン群と比較して内臓脂肪重量が有意に減少していることが確認されたという。

 2つ目は、1つ目の試験と同じ飼料を各群8匹に14日間摂取させ、摂取開始後14日目に骨格筋重量(腓腹筋、ヒラメ筋)の測定を行ったほか、骨格筋の脂肪燃焼酵素活性の測定を行った。この結果2、卵白群では、カゼイン群と比較して骨格筋重量が有意に増加していることが確認されたほか、脂肪燃焼酵素活性は有意に高値を示すことが確認された。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP キューピー:http://www.kewpie.co.jp/ たまごワンダーランド:卵白とは何か Wikipedia:卵白

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami