~人肌恋しい季節のための~男性から見た女の子の好感度5番勝負

  by ホアキング  Tags :  


イルミネーションも点灯し始め、近づくクリスマスシーズン。クリスマスシーズンといえば気温的にも気分的にも人肌が恋しいもの。恋人がいる女性も、恋人候補がいる女性も、男性との距離が少しずつ近づいていく季節なのではないだろうか。

先日アンファー株式会社が”女性に対する好感度が下がってしまうのはどちらか”という興味深いアンケート(※)を発表していた。今回は、クリスマスシーズンを前に男性からの好感度を下げないためにも、そのアンケート結果を男性目線で考察していきたいと思う。

前提として、アンファーという会社(頭皮ケアシャンプーなどを販売している会社)の特徴上、質問が「頭皮ベタつき女子」vs「●●」という形式になっていること、好感度が下がるほうを選ぶ、という質問形式であることを踏まえつつ、結果を記載していこう。

<第1回戦>「頭皮ベタつき女子」vs「ムダ毛女子」

頭皮ベタつきが29.3%、ムダ毛の処理が甘い女性が28.7%で、頭皮に軍配。

【考察】
まずはベタつきが1勝。趣味にもよりますが、ムダ毛の処理が甘い女の子のほうが隙があって良いのかもしれない。

<第2回戦>「頭皮ベタつき女子」vs「小鼻テカリ女子」

頭皮ベタつきが34.0%、小鼻テカリが22.0%で、こちらも頭皮に軍配。

【考察】
続いても頭皮が勝利。小鼻がテカっていることを気にする男性は確かに少ないと思う。あ、今日は忙しかったのかな!? なんて逆に心配してしまうかもしれない。

<第3回戦>「頭皮ベタつき女子」vs「香水プンプン女子」

頭皮ベタつきが39.3%、香水プンプンが27.3%で、またまた頭皮に軍配。

【考察】
確かに香水がきついのは厳しい。しかし、臭い!と顔を背けるほどでもないため、頭皮の臭さよりは良いといったところだろうか。

<第4回戦>「頭皮ベタつき女子」vs「ファンデ崩れ女子」

頭皮ベタつきが44.0%、ファンデ崩れが16.7%で、圧倒的差をつけて頭皮に軍配。

【考察】
これは一回戦のムダ毛と同様、ファンデが崩れていたって男性はたいして気にはしない。完璧な女の子よりもファンデ崩れくらいの隙があって良いとも思うし、なんならファンデが崩れてからが勝負という時もある。

<第5回戦(最終戦)>「頭皮ベタつき女子」vs「寝グセ女子」

頭皮ベタつきが52.7%、寝グセが15.3%と、これまた圧倒的に頭皮に軍配。

【考察】
それはそうだ、なんてったって寝グセ女子はかわいい。隙だらけでかわいいのだ。寝グセでかつ頭皮がベタついていたら困るが・・・


ということで、5番勝負を振り返ってみると、「頭皮がベタついている女の子は男性目線から見て、好感度が低い」ということがわかる。
確かにそうだ、なんだか風呂に入っていない不潔な感じがするのである。清潔感ってピュアな男性からしたらとっても大事なのだ。
かといって頭を洗いまくれば良いのかというとそうでもないらしい。美容ジャーナリストの木更容子氏によると、

「(頭皮のベタつきをケアする上では)シャンプーの選び方も重要なポイント。脱脂力の強すぎるものはなるべく避けるようにし、成分などをしっかり確認して、“不要な皮脂のみを取り除き、必要な潤いは残すシャンプー”を選ぶことが大切。」

とのこと。なかなか頭皮ケアもナイーブなものである。男性と接近するチャンスの増える冬場は、絶好の機会である一方、絶望される可能性も秘めている。などと偉そうに言っている筆者も、(そういう機会が万が一にでもあるのであれば)襟を正していかなければいけないな、と自戒の念を込めて記事を終わりたいと思う。

(※)「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」プロジェクトの一環での調査結果より
http://sd-beaute.angfa-store.jp/sdhc/
(※)画像は、アンファアンファー株式会社サイトよりキャプチャし転載
(※)考察には筆者の主観が多分に含まれますのでご注意ください

静岡出身。 静岡のサッカーチームでプロになったのは良いが2年で解雇。 特に怪我もしておらず、絶好調の状態での解雇にグゥの音も出ないまま上京。 執筆業をいそしみながら、サッカー評論やゴールデン街で飲み歩く日々。 ゴールデン街で出会う不思議な縁(漫画家、小説家、バレエダンサー、ITベンチャー)、 サッカー選手だった日々の日常、有名人の苦悩などを交えて、 ライターとして書いていこうと思っています。 よろしくお願いいたします。

Twitter: hoakingdom