ニューヨーク発!! 朝食の女王『Sarabeth’s(サラベス)』の日本1号店がオープン

  by つっちぃー  Tags :  


 11月1日(木)に東京・新宿の「ルミネ新宿店 ルミネ2」にオープンした。2010年公開のメリル・ストリープ主演映画『恋するベーカリー』において、調理技術指導および店舗での撮影協力を行ったことで話題になったお店だとのこと。ニューヨークでは行列のできる店としても知られているとのことだ。

 今回、13時頃にうかがったところ、多数の方々が来ておられるとのことで受付にて15時頃になるとの話であった。つまり、2時間待ちということだ。記者は整理券を頂き、他の場所で時間をつぶしてから指定された時間に再度うかがうことにした。指定された時間である15時にうかがったところ、すんなりと入店できた。土・日・祭日にはだいぶ待つことを覚悟して来た方がいいだろう。

 早速、「レモンリコッタパンケーキ(1,400円)」に「サラベス自慢のフルーツスプレッドの追加(+100円)」と「フォーフラワージュース(600円)」を注文した。

 まずは、「レモンリコッタパンケーキ」を頂いたところ、ふわりとくるレモンの香りが食欲をそそる。何もつけずに一口食べてみると、レモンの酸味が薄く心地良く、軽い歯ごたえのあとにフワっと、そしてトロッと時間差でくる感じがした。ミルクバター、メープルシロップをつけて食べると、お互いが協力しあって旨味を引き出してくれる感じがした。そして、忘れてはならないのがミックスベリーの存在。程よい酸味が良いアクセントになったことは確かだ。フルーツスプレッドは日によって違うとのことだが、今回はミックスベリーの甘めのモノであった。メープルシロップとは違った楽しみができた。


そして、「フォーフラワージュース」。オレンジ、フレッシュパイナップル、バナナ、クレナデンからなるミックスジュースであるとのこと。こちらは一口、口に含むと柑橘系の酸味が。そして、優しくトロリとしたバナナの甘さで一体感が増しており、とても飲んでいる感じではなかった。どちらかといえばジュースを食べている感じがした。

 繊細な味を好む日本人にはうまいこと調整ができていると思う。今後の調整が入る可能性もあるため、個人差が出てくるかもしれないが、個人的にはシンプルで美味しい店であるとは思う。話題性があるため、行列ができるだろう。落ち着いたらもう一度行って見たいと思う店である。

サラベス ルミネ新宿店
〒160-0022 新宿区新宿3-38-2
ルミネ新宿店 ルミネ2 2階
電話番号 03-5357-7535
営業時間 9:00〜22:00
ラストオーダー FOOD 21:00 DRINK 21:30
定休日 無し
http://www.sarabethsrestaurants.jp/
http://www.wdi.co.jp/ja/re-sarabeths.html
https://www.facebook.com/sarabethsrestaurants

ASEAN諸国をたまにふらふら。中国語や英語、タイ語を勉強中 神出鬼没な気まぐれネコ属性の割には、独創暴走の激しい「B」型そのもの。 趣味は音楽作成「DTM」。そして、ヘタレ文を突っ込まれながらも、ラノベ屋の希望と野望を捨てきれない者でございます。 よろしくお願いします。

Twitter: @tsuchima

Facebook: http://www.facebook.com/tsuchima