人間がゾウを養子に そのいきさつは……

  by 綾瀬 新  Tags :  


アフリカ南東部のマラウイという国で、人間が生まれたばかりのゾウを“養子”に迎えた。大型動物を保護する活動家のジェニー・ウェブ(48歳)は、ゾウに「モーゼス」と名前を付けて、2人のお手伝いと共に、彼女の自宅で暮らしている。

モーゼスが人間と生活するようになったいきさつは、現地の野生動物保護区にて瀕死の状態で発見されたこと。生後数週間という幼さで、モーゼスの母親らは密猟者に殺されたと考えている。ウェブによれば、ゾウは非常に繊細な動物だそうだ。だからこそ、自分で引き取って育てることを決めたのかもしれない。

ジャンボ・ファンデーション――まだ母乳離れできない大型動物の赤ちゃんの養護施設の創設者でもあるウェブ。モーゼスが5歳になれば、野生に戻してあげる予定とのこと。ウェブが飼っているペットたちとも散歩に出かけたりするなど、すっかり今の環境になじんでいるようだ。育ての親とのツーショットを見れば、一目瞭然だ。

画像: ウェブとモーゼスの2ショットを掲載するサイトのキャプチャー
http://newsfeed.time.com/2012/10/16/meet-moses-the-baby-elephant-raised-by-humans/#aptopix-malawi-elephant-calf

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/