尼崎事件インタビューでキャラに注目集まる たこ焼き店経営男性の実像に迫る

  by 中将タカノリ  Tags :  


次々と発覚する殺人と死体遺棄の痕跡……日本中を震撼させている尼崎死体遺棄事件。深刻なニュースではあるのだが、それに関連して一人のたこ焼き店経営の男性が、濃厚なキャラクターと関西人特有の軽快でエッジのきいた言い回しで注目を浴びている。

『ひるおび』『ワイドスクランブル』『とくダネ』など人気ワイドショー・ニュース番組のインタビューで問われた彼は

「タレ目で、つぶらな、というんですか? 冷徹な目してるんですわ」

「モナリザのような頭ですわ。 体型は大っきいのでワンピースでふわっと。 だいたい3Lですね」

「後ろから見るとテルテル坊主」

「どっちかっていうと犬顔」

などと角田美代子容疑者の容姿について絶妙な表現で形容した。

男性の名は廣瀬哲也(ひろせてつや)さん(40)。尼崎の杭瀬栄町EAST商店街で人気たこ焼き店“くいせのひろせ”を営んでいるが、実は筆者の友人である。ちょっと話を聞いてみた。

昨日(18日)からどのチャンネルをつけても廣瀬さんがインタビューに答えているのでびっくりしてます。どんなきっかけでテレビ局につながったんですか?

廣瀬:事件が放送されてから周りのお店とかに「うちの常連やったで」と話しとったらあっという間に口コミでテレビの人が集まってね。連日インタビューですわ。もともと風邪気味やったんやけど、10時間連続でインタビューにこたえてたら39度まで熱が上がって昨日は寝込みました(笑)。

いま『Twitter』や『2ちゃんねる』の一部で廣瀬さんのキャラクターが注目されてますが、普段からしゃべりに関しては玄人っぽい面白みがありますよね。

廣瀬:子供の頃から劇で主役したりしゃべったり目立つのが好きでね。昔、ホリプロのお笑い養成所におったこともあるんですよ。テレビの前でしゃべることが怖かったからすぐ辞めてしもたけどね。それからいろんな仕事してるうちに度胸ついて、今じゃなんにも怖くない(笑)。

テレビではしゃべる内容に制限が多いと思いますが、実際いかがでしたか?

廣瀬:昨日もNHKの神戸支局でインタビュー受けたけど、僕が話を盛り上げようと感情入れたり小ネタ挟んだりすると制止しよるんですよ。めっちゃボソボソしゃべるし。途中怒ったら必死であやまられました。最後はハッピーエンドやったんやけど「廣瀬さんみたいな人初めてで緊張したし、戸惑いました」って(笑)。

地元の尼崎で今回のような事件がおこってしまったことにどんな感想をもたれていますか?

廣瀬:尼崎はダウンタウンやF1の小林可夢偉みたいにその道のトップの人が出身地やったりするからね。今度はこんな事件でトップの奴かよと……。

今回の事件で地域(尼崎市杭瀬)のイメージが悪くなってしまう恐れがありますが、廣瀬さんから見た杭瀬の魅力を教えてください。

廣瀬:善い人も悪い人もいるけど、その分ほかの街にない濃さがあるんです。なんにもないよりいいんじゃないかな? 今回はこんなニュースでメジャーになってしまったけど、逆にそれを利用していいものを生み出そうとするパワーがあります。

廣瀬さんは角田容疑者にお店の常連になられたり、自宅に誘われ豪勢なもてなしを受けたりしていますがこれまでテレビで発言された以外にもなにか面白いエピソードはありましたか?

廣瀬:使われてるかどうか把握してへんけど、覚えてることは全部しゃべってしまいましたね。オッサンみたいなおばちゃんやけど、お客さんとしてはいい人でした。気に入られてたんかな? ただ後から聞くところによるとお寿司屋さんとかいろんなお店にクレームつけてるとか、ややこしそうな話もありました。

廣瀬さんは角田容疑者からビジネスの誘いを受け、もう少し踏みこんだら関係を持たされたり被害にあったりする可能性のある危機一髪の状況でしたが、それを避けることができたのはどういった理由があると思いますか?

廣瀬:お互いに警戒心があったのかな? 僕自身、うかつに踏みこんだらあかんと注意はしてましたね。

角田容疑者に関わらず、人を支配したり弱みにつけこんで利益を得ようとする人間は多いと思います。そんな被害を事前にふせぐためのノウハウを読者の方にお願いします。

廣瀬:この世の中に甘い話はありません。だれもがチャンスを求めてるやろうけど、自分自身で証拠をつかんでからでないと動いたらいけません。

たこ焼き店経営(外はカリッと、内はふんわりして美味)、タクシー運転手(自称“プロドライバー”)、地元商店街の振興組合理事、そして『歌謡deポン!!』など関西の人気クラブイベントで出張たこ焼きブースもつとめ、若者からお年寄りまで多くの人から慕われるアグレッシブな廣瀬さん(写真左)。

インタビューの通り、今回のバッドニュースを彼のような人こそが逆に利用していいものを生み出していって欲しい。

※一部の画像をTBS『ひるおび』、『Twitter』から引用しました。

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo