「かつや」と「SUBWAY」でダイエットを

  by アモーレ桂  Tags :  


 「かつや」と「SUBWAY」については、皆さんご存知の外食チェーンかと思うが、その立ち位置は一見好対照というべきだろう。かたや女性客の来店を想定していないような存在のガッツリ系、かたやすべてのメニューにカロリー表示のあるヘルシー系だ。
 だが、この両店がダイエットに向けて実は有効だということを聞けば、まさかと思われるはずである。そう「かつや」は、メニューのどこにもカロリー表示などないし、ダイエットなど考えていたら近寄ってはいけないと思われているはずだから。
 もちろん「かつや」のメニューでダイエットをするにはポイントがある。ポイントはただひとつ、ライスを取らないことだ。今話題となっている糖質制限ダイエットでは、カロリーや脂肪を意識する必要はない。もちろん衣自体は避けた方が好ましいが、それよりも糖質であるライスを取らないことが肝要なのだ。
 そこで、「かつや」の店頭でとんかつ定食のライス抜きを注文してほしい。するとメニューにはないが、快く対応してくれ、しかも定食よりライス分を割り引いてくれる。同様の対応は「松屋」でもしてもらえるので、満腹感も得られながら糖質を減らせる。

 さて、ここまで書くと、では「SUBWAY」は? ということになるのだが、こちらは基本的にサンドイッチのお店だから、パンがネックになる。カロリー自体は低いものの、パンを食べると糖質制限ダイエットではNGになるのだ。
ところが、ここでも技がある。なんと「パン抜き」が注文できるのだ。実際のところ、「SUBWAY」で「パン抜き」を注文するのはかなり勇気もいるし、店員さんによっては難色を示される場合もある。だが、元々「SUBWAY」はサラダのお店としての顔も持っていて、サンドイッチの「パン抜き」はまさにサラダっぽいもので出てくるのだ。
 定食のライス抜き、サンドイッチのパン抜きが可能という点で実は「かつや」と「SUBWAY」は似ているという見方もできるかも? つまり、「SUBWAY」はもちろんのこと、「かつや」での食事を活用してダイエットしていくことも不可能ではないということなのだ。

 実際、小生がこの方法を使って、ダイエットに成功しているので、ご参考になれば幸いだ。もちろん、ダイエットを進める上では、体質や健康状態もあるので、この記事だけで偏った取り組みをされることは厳に慎んでいただきたいが、多忙な日々の中で、外食も多く、ダイエットしにくいと思われている方に、こんなヒントもあるのだということでお読みいただければと。

落語に精通し、自らも高座に上がることもあります。一方で、歴史・地理を中心にしたマニアであり、全国すべての県に最低二泊以上しております。お酒も好きですし、海外旅行を含め旅行が趣味。サッカー、日本秘湯を守る会のファンでもあります。またスマホ二台持ちをはじめとした新しモノ好きで、ブログは5年以上毎日欠かさず更新しています。

Twitter: @bidanji07