手軽にイカが釣れる「エギング」のススメ

  by YELLOW  Tags :  

【 エギングとはなんぞや? 】

今回は筆者がちょいちょいハマっている「エギング」を紹介しようと思います。「エギング」と言うのは昔からある「餌木」(エギ)を使い、イカを釣る釣り方の事で、最近は防波堤や磯などの「陸」(おか)から釣る「陸っぱりエギング」を略してエギングと呼ぶ事が多いです。

「エギング」の良い所は「陸から手軽に美味しいイカが釣れる」の一言に尽きると思います。時期にもよりますが、春先から秋ならば漁港の堤防周りや地磯から釣る事で出来るのです。
ちなみに「エギング」は基本的には「アオリイカ」を狙いますが、釣り場によっては「墨イカ」とかも良く釣れますし、海底に長く「餌木」を置く事で「タコ」も釣れたりします。

「エギング」で釣りやすい時期は、産卵の為に浅場にやってくる春~初夏、生まれた新子(イカの子供)が多く釣れる秋がオススメです。
釣れる時間帯としては、やはり夕マズメと朝マズメの「日が沈んだり昇る時間帯」とイカが積極的に捕食する夜がチャンスです。

【 エギングに必要な道具 】

まず「エギング」を始めるに当たって必ず必要なのが「餌木」で、あとは「餌木」を投げる為の「竿」と「リール」と「ライン」(釣り糸)があれば大丈夫です。

基本となる餌木の大きさ「3号」だと大体「16グラム前後」となるので、20グラムくらいの重さを投げられる竿。
1号のライン(釣り糸)が150メートルくらい巻けるスピニングリール。これは大体ですが「2500~3000番」の大きさのリールが良いでしょう。
ラインは出来れば「PEラインとフロロカーボンラインの組み合わせ」が理想ですが、初心者ならば無理をせずに「ナイロンライン1号」を選ぶのも正解です。

次に「餌木」を選ぶ訳ですが、これまた多くの釣り具メーカーから多種多彩な「餌木」が発売されていて、値段も150円~1200円とピンキリ。色もピンクやオレンジの他にストライプ模様だったりで悩んでしまいます。
しかし、とりあえず「ピンク色ベースのストライプ模様、サイズは3号」を買っておけば良いでしょう。

気になる「お値段」の方ですが800円前後のメーカー製のが無難です。「激安餌木」の中には数回投げただけで接着してる部品が取れたりする「不良品」に近い代物も多いです。その点、名の知れたメーカー製ならば安心です。

【 どこで釣れるの? 】

そして最後は「釣り場」の選択です。なるべく家から近いのが理想ですが、いくら家から近い漁港や堤防、地磯でも「イカが釣れているかどうか?」が重要です。
基本的に「エギング」の対象となる「アオリイカ」は東北や北海道などの寒い海以外ならば、割とそこら辺でも釣れますが、やはり釣り場によっては沢山釣れたりする場所もあれば、一日粘ってやっと一杯と言う切ない釣り場もあります。

一昔前ならば、この手の「釣り場情報」を入手するのはなかなか大変だったのですが、今はインターネットで「エギング」と検索すれば多く情報が得られるので、まずはインターネットや釣具店で情報を集めましょう。

【 道具を揃えたらイカを釣ろう 】

最後にいよいよ「エギング実践編」となる訳ですが、ぶっちゃけ文章で説明するよりもインターネットで「YouTube」なり「ニコニコ動画」なりで動画を観るのが手っ取り早いです。
一応は「エギング」における釣り方の基本を説明すると

少しでも遠くへ「餌木」を投げる
      ↓
「餌木」が着底するまで沈める
      ↓
余分に出たラインを巻く(餌木の重さを竿先に感じるまで巻く)
      ↓
最初に軽く竿をシャクり「餌木」を海底から跳ねさせる
      ↓
竿を戻しながらリールを一回転巻く
      ↓
竿を大きくシャクる(餌木が最初のシャクりと反対方向に大きく跳ねる)
      ↓
再び餌木を着底させる
      ↓
再び余分に出たラインを巻く(以降、餌木が手前に来るまで繰り返し)

と、なります。
「餌木」を海中で大きく跳ねさせてイカの興味を引き、着底させるまでのフォール(降下)で餌木をイカに抱かせます。
ちなみに「アタリ」は手元で感じたりラインの動きで分かるのですが、もし見落としても「次の軽いシャクり」の時に自動的に「合わせ」になるので釣りとしては、かなりアバウトで簡単な釣り方と言えるでしょう。

【 釣れたら食べるべし! 】

イカが釣れたらクーラーボックスなどに入れて持ち帰りましょう。やはり「刺身」が間違いないのですが、煮ても焼いても揚げても美味しく食べられます。特に釣りたての「アオリイカ」を刺身で食べると、もう他のイカの刺身は食べられません。

そんな訳で今がシーズンの「エギング」に挑戦して、美味しい「アオリイカ」(キロ3千円)を手に入れてみませんか?

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835