○○○が大きすぎる?豪州のカップルが御用になったワケ

  by 綾瀬 新  Tags :  

もし公衆の面前で性行為に及んだら、間違いなく警察に連れて行かれて留置所で頭を冷やすことになる。しかし、オーストラリアに暮らすジェシカとコリンのカップルは部屋の中での行為で逮捕されてしまい、おまけに4000豪ドルの罰金を食らう羽目に。御用になった理由は“行為中の声の大きさ”だ。

今回の逮捕は環境保全法違反によるもの。というのも、豪州南部では不快な物音や騒音=公害とみなされるそうだ。問題のカップルは行為中の声がとにかく大きいことで知られており、近隣住民からは不満が高まっていた。

現地警察は今年4月から20回以上も二人の家を訪れていたそうだ。逮捕のきっかけはジェシカに対して「これから72時間(3日)は大声を出す・罵る言葉を叫ぶ等の行為は控えるように」と警告したこと。それにも関わらず、1日半で警告を無視した二人に罰金を課すと、数時間後には別件の苦情を受けて、とうとう逮捕に踏み切った。

コリンの言い分は以下のようなものだ。「僕らのセックスは長い場合で7時間ほどかかる。基本的に週5回はしているよ。僕らにセックスできない場所に住めと言うのか?馬鹿らしいね」と反省の色はうかがえない。ちなみに『Adelaidenow』の世論調査によれば、65%以上のユーザーが警察の判断を支持している。

画像: ジェシカとコリンの逮捕を伝えている『Adelaidenow』のページ
http://www.adelaidenow.com.au/news/south-australia/police-right-to-charged-south-australian-couple-jessica-angel-and-colin-mackenzie-over-noisy-sex-poll-says/story-e6frea83-1226458052248

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/