【混ぜご飯 レシピ】たことオクラのまぜごはん

  by 中島麻実  Tags :  

 

調理時間

炊く前15分、炊けたら1分。

 

材料

米 1合

ボイルしたたこ 小さめなら、あし一本分

おくら 5本くらい

うめぼし 1個

しょうゆ 少し

塩 ひとつまみ

 

 

作り方

米をとぎ、ごはんを炊く。炊くときに塩をひとつまみ。おまじない程度入れてください。


【2】

たこを薄く切ります。たこ焼きに入っていたらがっかりするレベルで薄く。

オクラは塩水でゆでて、水にとり、冷えたらたこと同じくらいの薄さに切ります。しょうゆをまわしかけておきます(しょうゆは普通につまみで食べる時のかんじでさーっと)

うめぼしは種をとり、たたいておきます。

 

【3】

【1】と【2】を味の加減を見ながら、混ぜて完成。味が足りなかったらお塩で調整を。

 

 

●たことオクラのまぜごはんのお話

夏は食欲がなくなるそうですね。

わたしは、そんなことないのですけれど。

食道と胃だけは丈夫で、39度の熱がでても、ごはんは食べられるほうです。

そんなわたしでも、食欲がない人の気持ちが少しわかるときがあります。

二日酔いのときです。

でも、二日酔いのときは、なるべくごはんを食べた方がいいのです。

本当に死にそうなほどの二日酔いで苦しいときに一番いいのは、塩分とカリウムが入っているお味噌汁を飲むことですけれど、少し和らいできたら固形物をとると、お酒が抜けるのが早くなります。

二日酔いに関しては、わたしは15年酒浸りでいますから、わるいことは言いませんから、わたしの意見を参考になさったらいいのではないかと思います。

今日は、いろんな理由で食欲がないときに、するする食べられるまぜごはんです。

梅の酸味とオクラのちょっとしたねばり感が、ごはんのどっしり感を和らげてくれ、つるつるいけます。

たこは、わたしは吸盤だけを食べたいのですけれど、こういう風にごはんにまぜると、吸盤ではない部分もとてもおいしいと思います。

二日酔いだけでなく、もちろん夏やせなさるほど、ばてている方も。

おそうめんばかりだと、飽きて、食べるのが嫌になって、悪循環になったりしますね。

「たまにはおそうめん以外のものを食べたい」となったときに、おすすめいたします。

なんせ混ぜるのはたったの一分。火も少ししか使いませんから。

混ぜてから少しおくと、お米の温かみでたこからだしがじんわり出て、たこめし風になりますよ。冷めてから食べるのも好きです。

●ごちそうさまでした

お米料理が大好きな中島麻実です。 チャーハン、まぜごはん、どんぶり、たきこみごはんにお世話になっています。 酒のつまみは唐揚げが好きです。定食はとんかつが好きです。 出版社でOLしています。仕事柄会食が多いです。 2口ガスコンロ、2畳足らずの狭いキッチンからお届けします(・∀・)

ウェブサイト: http://d.hatena.ne.jp/nksmasm/

Twitter: aknmssm

Facebook: http://www.facebook.com/nakashimaasami