小樽市の名酒蔵で「純米酒まつり 2018」が開催決定! #北海道 #酒イベ

毎年、北海道の小樽市にある名酒蔵「田中酒造」で開催され好評を博している人気イベントが今年も開催決定。

今年のテーマは…「純米酒と美味うまいおつまみ大集合!」

純米酒は、米・米麹のみによって造られ、全ての清酒日本酒の基本となり、近年、注目を集める「純米大吟醸酒」は、日本国内だけでなく、海外でも大変な人気とか。

純米酒の中でも、高度に精米された白米を原料とし、低温でゆっくり発酵させ、粕の割合を高め、華やかな吟醸香を楽しむことができる日本酒の最高峰が「純米大吟醸酒」だそう。

今年は道内外の純米酒・純米大吟醸酒を始め、日本酒に合う「美味うまい!おつまみ!」を田中酒造 亀甲蔵 2 階「ほぅる」にて、これらを試飲・試食いただめというから楽しみだ。
また、イベント限定酒や父の日用のお酒の販売も予定している。

1.日 時:2018年6月15日(金)~17日(日)
     9:00~18:00

2.開催場所:田中酒造 亀甲蔵(北海道小樽市信香町 2 番 2 号)

◆日本酒専用グラスによるテイスティングセミナーも開催◆

1.日 時:2018年6月16日(土)15:00~16:00
2.開催場所:田中酒造 亀甲蔵 2階 亀甲蔵ほぅる(小樽市信香町 2 番 2 号)
3.参加人数:20 名程度
4.参加料金:3,780 円(税込、テイスティンググラス 1 個付き)

5.内 容

本年の 4 月 19 日(木)に新しく発売された、『純米酒』専用グラスを使用したきき酒セミナーを開催。
オーストラリアの高級ワイングラスメーカーである『リーデル』が約 8 年かけて純米酒に特化しテイスティンググラスを開発。
研ぎ澄まされた香りと味わいが魅力の大吟醸酒とは対照的に、複雑で奥深い旨味が最大の魅力である純米酒のためのグラスでお楽しみいただける。

グラスによって同じお酒でも、どの様に味わいや香りが変わるのか?

ワイングラスで日本酒を楽しむスタイルを生んだ『大吟醸酒』専用グラスと、新しい『純米酒』専用グラスを使用した、日本酒きき酒セミナー。
さらにテイスティングで使用する『純米酒』専用グラスを 1 個お持ち帰りいただける大変お得なセミナーとなっている。

成田ケン(マーヴェリック)

出版編集プロダクション法人所属のカメライター・キュレーター。 この道23年。