チョコプラ長田庄平の意外な才能に、岡田結実と松尾駿も驚愕! M&M’S # たべるアート の「どんだけ〜っ!」

1981年、アメリカから日本に上陸し、インパクトのあるキャラクターと「お口でとろけて、手にとけない」が合言葉の M&M’S で、自由に絵を描く―――。

M&M’S の6色のチョコでアートをつくる、「#たべるアート」が注目を集めている。

「#たべるアート」は、M&M’Sの6色チョコを使ってアート作品をつくり、その画像をTwitter・Instagramの M&M’S 公式アカウント(@mmsjapan_cp)をフォローし、ハッシュタグ「#たべるアート」をつけて投稿するというコンテスト(7月31日応募締め切り)。

ミニマルアート/大作アート/ピーナッツアート/ボトルアート/SNSといった5部門の優秀作品には、「選べるe-GIFT」5000~10000円分や、M&M’Sキャラクターぬいぐるみ5個セット、キャラクタースリッパ、イヤホン、ビッグタオルなどが贈られる。

スタートして1か月あまりで、すでに力作たちが、「#たべるアート」Twitter「#たべるアート」Instagram に続々と投稿されている。

美大卒のチョコプラ長田が驚愕の才能を発揮

岡田が手にする作品は、チョコレートプラネット長田庄平がアドバイスしながら、岡田結実が5分で仕上げたもの。

実は、岡田結実とチョコレートプラネット長田庄平・松尾駿も、この「#たべるアート」に挑戦すべく、東京・代官山「ボンドルフィボンカフェ 代官山」で開催された「M&M’S #たべるアート展」に参加。

美大卒という意外な学歴をもつチョコプラ長田庄平が、イメージを覆す才能を発揮し、力作で会場をわかせた。

岡田「どんだけー!」 松尾「まぼろしーっ」 そして長田は…!?

「この芸名で13年間やってきて、チョコレートの仕事をもらったのはこれが初めて」というチョコプラ長田は、「ムンクの叫び」をイメージした『mの叫び』を M&M’S の6色のチョコで制作。「アート魂に火がつきましてね、自分でつくって投稿させてもらいましたよ」と。

アート魂に火がついたチョコプラ長田の力作が、これだ!
https://www.instagram.com/p/BidjcJGAHRK/?utm_source=twitter

これには、岡田も「どんだけー!」、松尾も「まぼろしーっ」と得意のIKKO調で拍手。

長田はそんなふたりのモノマネにいっさいのらず、マジ顔で作品についてこう説明した。

「6色の M&M’S チョコでムンクの『叫び』をつくると、どこかポップアートになるんですよね。ムンクの叫びの下の暗い部分を、6色のチョコでどう色分けするかとか、目だけを『m』という印字がついている部分で出すとか、そこがポイントですね。我ながらすごいのつくったなと思いますね」

長田はモノマネにも“違い”を誇示

さらに、M&M’S はチョコレートだから、食べることができちゃうということで、こんどは「チョコレートプラネット」の世界観を描いたチョコアートを、端から食べ始めた。すると、チョコプラ松尾、岡田、チョコプラ長田の順に、こう叫んだ。

「食べるアートーーーーっ!」(松尾)
「食べるアートーーーーっ!」(岡田)
「たぁべぇるぅあぁとっっ!」(長田)

長田もIKKOモノマネでくると思いきや、まさかの和泉元彌モノマネだった。

「チョコレートの仕事を初めてもらった。次はバレンタインデー」と意気込むチョコレートプラネットのふたり。そして父母の内情を暴露する囲み取材の全トークは、この動画でチェックしてみて。

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。