「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が2/11から開催決定!

この度、ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会は、8回目の開催となるヨコハマ・フットボール映画祭2018を2月11日(日)、12日(休・月)の両日に開催する。 日本のサッカー文化の発展を目指す本イベントは毎年好評で、今年の上映作品も話題作が目白押しだ。要注目の映画祭と言えるだろう。早速ご紹介しよう。

■1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館にちなみ、
サッカーにまつわる様々な「歴史」をテーマにした4作品を上映

『You’ll Never Walk Alone』はリバプールFCや、ドルトムント、FC東京など世界各地のスタジアムで唄われるチャントのルーツに迫るドキュメンタリー。

 『ヒックとドラゴン』主演のジェイ・バルチェルが、長年の夢だったセルティックFCを生観戦する旅に密着した『セルティック ソウル』。

 八百長疑惑による降格を乗り越えて、何度目かの黄金時代を迎えるクラブの歴史と、それを支えるオーナー・アニエリ家の哲学を紐解く『ビアンコネッリ:ユベントスストーリー』。

 ユダヤとイスラムの対立がイスラエルのサッカークラブで先鋭化した様子を記録した『ベイタル・エルサレムFCの排斥主義』。

■ワールドカップや、パラリンピック関連作品も

 また、ワールドカップイヤーにふさわしい作品として、ルワンダの少年たちが南アフリカワールドカップを目指すアドベンチャー『アフリカ・ユナイテッド』がラインナップに加わりました。
 そして、昨年好評だったWOWOWと国際パラリンピック委員会によるパラアスリートのドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」から、NTTdocomoのCM出演で日本でも注目が広がるベアトリーチェ・ヴィオ選手のエピソードを含む最新作2本を同時上映で上映。

■会期中にはサッカーを様々な角度から楽しむイベントを開催

・サッカーをテーマに活動するクリエイターやサークルがその成果を発表するヨコハマ・フットボール文化祭

(主催:NPO法人横浜スポーツコミュニケーションズ、協力:古今東西社)

・英国サッカーの写真と雑貨のコラボイベント「イギリスじかん8」

・横須賀で活動する写真家による個展「FOOTARTIST JUN フットボールを愛する人に捧げる作品展」

・おはじきサッカー、フットメザの体験会

Information

名 称 :ヨコハマ・フットボール映画祭2018

主 催 :ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会
日 程 :2018年2月11日(日)~12日(休・月)

会 場 :横浜市 開港記念会館 横浜市中区本町1丁目6番地

■注目の上映作品ピックアップ

セルティック ソウル  <日本初公開>

“Celtic Soul”
1時間26分 カナダ 2016年 監督マイケル・マクナマラ YFFF字幕翻訳

セルティックパークへの聖地巡礼旅
中村俊輔の活躍も記憶に新しいセルティックFC。

このクラブは世界中に多くのサポーターを抱えていることでも有名でアイルランド系カナダ人俳優ジェイ・バルチェルもその一人。

ファン仲間のキャラハンとふたり、祖先のケルト文化に触れつつ、憧れのセルティックバークを目指す。

© 2016 Celtic Soul, Markham Street Films

ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー

“Bianconeri Juventus Story”
2時間9分 イタリア・アメリカ 2016年 監督 マルコ&マウロ・ラ・ヴィッラ

これぞカルチョの神髄
イタリア随一の名門クラブ・ユヴェントス。そのエンブレムには、30回目の優勝を記念した3つの星が輝く。しかし、八百長疑惑により2つの優勝が取り消されたにも関わらず。。。

ブッフォン、ピルロ、デルピエーロ、コンテ、アニエリ・オーナーへのインタビューで、これぞカルチョなクラブの哲学が浮き彫りになる。

WHO I AM ライリー・バット

“DANGER” from the Golden Squad:
◆正式名称

パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 格闘球技 最強軍団の“危険な重戦車”:ライリー・バット(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)

50分 日本 2017年 演出:花枝祐樹 
チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:坂口和之進 泉理絵

出演:ライリー・バット(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)

ナレーター:西島秀俊 音楽:梁邦彦 フォトグラファー:新田桂一

“最も激しいパラスポーツ”とも言われるウィルチェアーラグビー界において、長きにわたり最強軍団オーストラリアを牽引してきたライリー・バッド。
地元ではウォータースキーやモーターバイクを乗りこなし、モットーは「Anything’s Possible(何だってできる)」。

常にチームの勝利、長きにわたるオーストラリアの栄光を臨む”危険な重戦車”の真髄に迫る。

© WOWOW

アフリカ・ユナイテッド

“Africa United”
1時間30分 イギリス・南アフリカ・ルワンダ 2008年 監督デブス・ガードナー・パターソン

サッカー版スタンド・バイ・ミー
W杯のエキシビションマッチに参加したい。

その一心で、少年たちは、ルワンダから南アフリカまで、5000キロの道のりの旅に出る。

トラブルまみれの旅を、少年たちは知恵と勇気を振り絞り、乗り切っていく。

Ken Narita

ライター・カメラマンとして20年活動しています。

Twitter: Ken__Narita