☆【連載・番外編】おがわんの旅。ハゲ旦那と一緒に、昭和のおもちゃが残る駄菓子屋へ!

いつも連載をお読みいただきありがとうございます。
今回は、前回の記事が大好評だった、おがわん(小川満鈴)の「お宝発掘の旅2」を紹介したいと思います。

旦那様(ハゲ)とのお宝発掘の旅、幸せのお二人を是非ご覧ください。

私が90年代アニメの次に好きな場所、それは昔ながらの駄菓子屋さんです。
昭和時代(親世代)から続いている元祖駄菓子屋さん。
成人してからも親子二世代で毎週のように通っています。

子どもの頃は、遠足のおやつは300円までよー! なんて上限を決められていましたが、
大人になった今は自分の働いたお金で好きなだけ、たらふく食べられる♪
こんな贅沢は大人にならないと味わえないですよね。

大人ならではの楽しみといった感じでしょうか。

私が小学生の頃は、アマダのP.Pカード、1枚20円だったかな。
毎回引くのが楽しみで通っていました。
駄菓子屋のおばあちゃんの話によると、今の子ども達はあまりカード遊びをやらなくなってしまったようですね。

1枚20円のカードを引くなら、どんぐりガムやチロルチョコを買うという認識なのでしょうか。
お金がなくても、友達と会わなくても、スマホの画面で無料ゲームも何だってできちゃう現代の子ども達には駄菓子屋さんの魅力って、ただお菓子が安いだけ!の場所なのでしょうね…。

小さな連載 おがわんのマンホール

前回の旅の様子

すけさん

テレビ番組プロデューサー CMプランナー 元ファミ通の編集

ウェブサイト: https://www.facebook.com/eggcoretokyo

Twitter: @kobasukesan

Facebook: eggcoretokyo