モテたい女子注意!男子が答える「こんな女には思わず興ざめする」という特徴Best5

  by 丸野裕行  Tags :  

どうも大木金太郎です!

「ああ、こんな子だとは思わなかった…」
「いつ別れを切り出そうかな…」
「理想像だったのにこんな結果になるなんて…」

いくら大好きな人でもちょっとした瞬間に100年の恋も冷めてしまうもの! 男たちが、女子として“絶対に気をつけてほしい”と願う特徴を、今回はランキング形式でお伝えしたいと思います!
あなたはこんな女の子になっていませんか?
裏社会ライター・丸野裕行は、モテたいと願う女子を応援します!

お願いだから〇〇だけは揃えてよ~!

■第5位
期待していたのに、上下の下着が別!

オフホワイトとベージュの下着を組み合わせると、おばあちゃんになるよ!

大好きだからこそ、いつものように勝負下着として対応してほしい!でも、不意にそういうことになったとき、気が抜けていたのか、上下の下着の柄がまったく違う!
もちろん、どちらも合わせれば可愛いのにすごく惜しい! 男子には許せないミステイクです!

「絶対にありえない。まずそれを見た時点で幻滅してしまいますね」(建設業/36歳)

「男にとって大切な場面で“そりゃね~よ~!”ってなっちゃう瞬間ですね」(公務員/29歳)

■第4位
脚を大股でだらしなく開く!

電車での股割りは禁止!

電車内で足を大きく開いて、スマホをいじっている女の子はダメ! やっぱり大和撫子ですから! その自覚がないんじゃ、モテたいと願う女の子としては失格です! 可愛さはやはり所作のよさから! 恥じらったり、おしとやかな雰囲気を持つ女の子は、男子のほうから寄ってきますよ!

「よく見ますよね、そういう女の子。これは本当のことですが、そういう女の子は軽くみられるし、彼女や奥さんとしては対象外ですよね」(会社経営/27歳)

目の保養にはなるけど、品がないから、できればやめてほしい」(飲食業/40歳)

あの芸能人は男としては厳しい

■第3位
部屋もカバンの中も汚い!

不用品はあの日の想い出と一緒にポイッ!

とりあえずワクワクしながら女の子の家に行ってみたら、洗っていない食器や畳んでいない服の数々が…! で、よくよく気をつけて見てみると、カバンの中はぐっちゃぐっちゃ! 靴も汚いし、それを気を付ける気配すらない! 男は女の子にむかって、過剰すぎる幻想を抱いているので、それを裏切らないように頑張りましょう! 女子力UPですよ!

「家が汚いっていうのは、靴やカバンをみればわかる。そんな女の子には近づかない」(ライター/29歳)

潔癖症な男は増えているけど、キレイ好きの女子は減っている気がする。ゴミ屋敷みたいな部屋に住んでいる女とは一言も交わしたくない」(会社員/24歳)

■第2位
言葉遣いが汚い!

「おい、コラ!」「テクノカットにしてやろうか!オゥ!」なんて言ったらダメ

雰囲気のいいお店で。いきなり「マジでうまい!」なんて言われるとササッ~と気持ちが覚めてしまいます! 宇〇田〇カルや倖〇〇未、土〇アンナなんて、男にはお下劣に見えてしまうものです! 下品な言葉遣いは、ぜひ女の子同士のトークだけにしておいてくださいね!
 男が求めているのは品行方正な感じと清潔感、可愛さですから、言葉遣いには細心の注意を!

「木〇〇樹菜みたいに、“ヤベぇ”なんて言われるとキツいっすよね。自分は可愛い女の子が好きなので絶対にナシです」(金融業/34歳)

お里が知れる感じが、自分は嫌いです! どんな家庭に育ったのか…そう感じさせる女子は苦手ですね」(会社員/29歳)

そして驚きの第1位は!

■第1位
ムダ毛処理が甘い!

阿寒湖産の毛むくじゃら女子

夏場に抱きしめてみると背中に産毛が…。それくらいならいいけど、脚毛や顔毛が生えていると注意すべきか複雑な気持ちになります。懐かしのアダルト女優・黒木香のわき毛の状態にまでなると、もう救いようがありません! 気をつけなければならないのは、夏場ではなくて、冬場!そこに男子は敏感です! 女子力を高めたムダ毛処理を行いましょう!

「男は、女子には毛が生えないという幻想がありますよね。だから、ムダ毛処理は必修課題! 絶対に手を抜いてはダメだと思います! 丁寧に処理してください!」(サービス業/30歳)

「冬は危険な季節ですね、女の子も手を抜いてしまう季節なので。僕なんかも、すごく好きだった彼女が“マリモを股間で育てているのか?”というほど、ワサッとしていたことがあり、正直引きました。手を抜くより毛を抜きましょう」(運送業/37歳)

まぁ、裏社会ライターの僕なんてのは、【肩に鳥を乗せている】【朝から焼きそばUFOの匂いがプンプンしている】【父親の職業が謎】【土佐犬が唯一の友達】以外の女の子であれば、ぜんぜん大丈夫なんですが…。

おい水島!日本へ帰ろう!

あなたはこんなことにちゃんと気をつけていますか? しっかりモテ女子目指しましょう!

(c)写真AC

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年11月9日京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、タレントとしてテレビ・ラジオ・トークイベントなど活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 次回作に「純喫茶関東刑務所前」、「六軒町ラブドール」「童貞保護区域指定01号」、「屠殺場、地獄絵図ヲ描ク。」がある。

ウェブサイト: http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20150729/E1438111890736.html

Twitter: yabamono

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5